Entries

息子たちと日本語

全米日本語協会から、2人とも認定書を頂くことになりました。


日本語の成績の優秀で、全科目の成績も有る程度、良いシニアの4人とジュニアの7人が認定されたのです。



フットボールの息子は、どの科目も成績優秀だから、先生も貰えると始めから分かっていたのか、認定書が金縁の本物。



マーチングバンドの息子は、カラフルな成績なので、ギリギリまで分からなかったのでしょうか、本物の金縁の認定書は、後で送られるとか。











キンダーから一緒だった友達数人と頑張った甲斐があったね~。 APのクラス(大学レベルの日本語クラス)を一緒に取った仲間たちです。



皆んな、それぞれの夢に向かって歩いてる子供達。 頑張って、『Make America Kind Again!』



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

世話係ですから

私って、結構、友達の世話を焼くのが好きなんかもと良く思う。 お節介なのかなぁ? 好きな友達にも幸せになって貰いたいと手助けしたりするのが、好きだ。



実は、日本人男性の友達のYさんとアメリカ人女性の友達のSさんを会わせたいなんて思ってる。 Yさんは、現在、元奥さんと離婚交渉中。 Sさんは、今年、離婚したシングル。



どちらも私の好きな友達だ。 2人とも性格が明るく、親しみやすい。



普通に生活していれば、絶対、接点の無い人達。 だから、私がここで一肌脱いで、2人を引き合わせたいと思ってるわけ。



余計なお節介? 分かっております。



でも、でも、絶対、合うと思うのよ。 どちらも私の好きな友達だしね~。



こう言う事するのが好きなのよ。 よ~く言われるのが、デートの斡旋行者をするべきだって。 アハハ。 考えたことあるよ。



2人を会わせる計画を立てようっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

友達のケリーが働きだして

私の働いている会社で、空きのポジションが出来たので、友達のケリーを紹介したら、何と上手くトントン拍子に就職が決まった。




うちの会社で空きのポジションなんて、滅多にないの。 だって、多くの人が、一生涯働く様な会社だから。 つまり、毎年、何人かの人が、30年、40年や45年勤務アニバーサリーを祝う事もある。 日本企業もビックリでしょ? 私なんて、この会社に入って、10年目だから、まだまだヒヨッコ。



だから、ケリーに紹介出来るポジションが、空いた時には、


『飛びつけ!』


と言ったほど。 今まで、一度も友達を紹介した事が無かった。 何人かの友達が、私の会社に入りたいから紹介してと頼んで来たけど、どんな働きぶりをするのか、分からなかったので、何時も空きのポジションが無いと断ってたの。



友達は、あくまで、友達としてしか知らないからね~。



紹介して、大失敗だと私の評判が悪くなるのも嫌だし。 皆んなにも迷惑掛かるから。それに友達と気まずくなるのも嫌。



でも、今回のケリーを押したのは、空きのポジションは、ケリーの性格にピッタリと思ったから。 仕事内容は、ともかく、上司と彼の部下たちのアシスタントのポジションだが、この上司と彼の部下たちを良く知っているから、彼らの性格には、ケリーの様なアシスタントが必要と見たのだ。



働き始めて、初めてのお給料を貰ったケリー。 やっぱり、性格的にこのポジションが合ってるようだ。



上司も周りの男性陣もケリーに対して、良くしてくれてるようだ。 まあ、前の方が、仕事をもうしたくないおばあちゃんだったから。



ケリーも楽しくやっているようだし。 これで良かったのかもね。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

猫の気持ち

益々、分からない桃ちゃんの気持ち。







可愛く愛嬌を私に振り撒いたかと思えば、『誰? このおばちゃん?』って感じで、あっち向いてる桃ちゃん。



しかし、やっと私には、気を許し出してきた。 子供たちが居るときは、絶対、姿を現さずに子供たちのベッドルームで隠れてるか、キャビネットの中で隠れてるかだから、桃ちゃんって、永遠にこんな感じなのかなぁと思っていたのね。




そしたら、先週末に子供たちが居ない間、私が1人で家に居ると知って、私の周りをウロウロ。 今まで姿も見せなかった場所まで来て、一緒に座ったり。








私の膝の半分まで座る余裕まで、見せる様になった桃ちゃん。しかもリビングルームでよ。




って事は、邪魔者は、うちの息子たちだったのね~。



夜も何度も私の寝ているベッドにやって来て一緒に寝てる事が、できる様になった。 凄い進歩。



『もう起きるの?』



『夜駆け回ったから、もう少し寝ていたかったけど、しょうがないわね。』



って感じでしょうか。



大進歩だよね。 私が、桃ちゃんの名前を呼ぶと気分が向いている時は、走ってやって来てくれる様にまでなった。



益々、可愛い。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アメリカの高校のクラス

よ~くよ~く分からないのが、アメリカの学校制度。 この辺りには、物凄い数の小学校(70校くらい)があって、どこも子供たちでギュウギュウ詰め。



大体において、異常な教育熱心親とほったらかしの親とに分かれる。 異常に熱心な親は、学校に何度も顔を出して、先生の邪魔をするか、学校のアドミンに色々と文句を言う。 子供たちが、小学生だった頃、小学校の先生に毎日、子供たちに揉まれて大変ですね~~と言ったら、『子供たちは、可愛いから苦でないわ。 でも、一番大変なのが、どうやって親を対処するかね~。』って苦笑してました。



それが、中学校くらいになると子供たちも大きくなり、親が離れ、まあスムーズになる事もある。



でも、高校になると又々、状況がちょっと変わってくる。そろそろ、将来の事を考える時期であって、再び、教育熱心な親が登場する。 そこは、まあ分からないでもないが、私のように良く良くついていけない母親は、



『大学にだけは、卒業しなさい。』



くらいしか言えない。 しかし、よ~く分からないのが、これ。



アメリカの学校は、能力次第で、クラスが分かれられる。 山の様な色んなクラスがあって、日本の様に限られた科目だけを取る制度でない。 つまり、高校卒業に必要な必修科目と後は、選択科目の単位を取らなければいけない。しかも能力によって、必修科目でも分けられる。



ここまでは、分かるよ。 選択科目で好きな事を取ったり出来るのも素晴らしい。 ちょっと興味ある科目を取って、Aの成績を取れれば良いじゃない。



こちらには、GPA(総合成績平均値)が、常にあって、成績が良ければ良いほどにGPAが高い。 私が大学に行ってた頃は、(今も同じだろう)Aが4で、Bが3、Cが2、Dが1となる。



しかし、高校では、メチャクチャに厳しく普通教科のクラスは、Aが4。 優秀教科(Honor class)
のクラスでは、Aが4.5となり、大学レベル(AP class)
のクラスは、Aが5となる。



まず、確かに優秀教科のクラスは、高校で存在するのも分かるよ。 普通教科のクラスは、大学に進学しない子や学校じたいに興味ない子が受けてるから、ヤル気のない子がいて、クラスが進まないと聞いている。



しかし、私が納得いかないのが、この大学単位が取れるAPクラスだ。 なんで、高校生で大学レベルのクラスが必要なのか? それでもって、クラスの最後に受けるAPのテスト結果で、行く大学によって、その単位が認められるか決まる。 つまり、APのクラスを高校生で受けても、大学側が、それを大学単位と認めなければ、もう一回、大学で取ることになる。




何なの? 高校生は、高校生のレベルで良いじゃないの。



話しが飛ぶが、フットボールの息子が、



『今とってるドラフティングのクラスが、GPAにひびくんだよ。 僕のGPAが、落ちるんだ。』



と言って来た。 何で落ちるの??? ドラフティングのクラスは、選択科目で、Aの成績じゃないの。 Aの成績が、どうして、GPAを落とす事になるわけ?



『ママ、分かっていないなぁ。 普通教科のドラフティングは、AであってもGPAが、4しか貰えないんだよ。 GPAが4以上ある生徒にとっては、痛手になるって事。』



ガガーン。 そんな事も知らなかった私は、Aで良かったねと位しか考えてもいなかった。



今時の高校生は、大変だわ。 しかも、中学校で、頑張ってきた子は、高校生になると当然、優秀レベル教科から、大学レベルのAPのクラスしか取れない運命となる。



来年度は、APのクラスで埋まっているフットボールの息子。 大丈夫なのかなぁ。 マーチングバンドの息子は、そうでも無いが、それでもいくつか、APのクラスを取っている。



なんか、納得いかない制度だなぁといつも思うんだけど。 高校生は、高校生レベルで良いのに。 いつから、こんな大変になったんだ?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして30年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で9年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事