Entries

子供たちがイタリアへ

今朝は、4時半前に起きて、これからイタリアへ向かう子供たちを送りに行って来た。



教会のユースグループの17人のティーンと5人の大人の付き添いがイタリアのローマ、アッシシとミランへ 8日間の巡礼の旅である。 日本語の辞書には、Pilgrimageとは、聖地参拝の旅と書いてある。







基本的にイタリアの教会は、男女、膝と肩の見える服装は、禁止されている。 真夏だけど、子供達は、ロングパンツを履く事になるわけよ。



先ずは、クルマで4時間かけて、アトランタへ向かった。 私の住んでいるシャーロットは、何故か、ここから飛行機に乗ると高くつくのよ。




そして、アトランタからDCへ向かい、DCからローマへと向かう。 ただいま、ローマ行きの飛行機の中です。










きっと色んな良い思い出が、出来ると思う。 しかも学校以外で、小さい時から一緒にユースグループで活動して来た仲間と過ごせる時間。



正直言って、こうやって親の私が、子離れを鍛えられているのかもね。 自分の事を考えれば、高校卒業と同時に家を出てアメリカに来た人間なのに自分の子供たちの事となると



『もっとずっと一緒にいてよ~~。』



なんて都合の良い母親なのよ。



とにかく沢山の思い出作って帰って来てね。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

[C1216]

イタリアいいな~~~
ダンナ弟夫婦が先月1か月ほど北イタリアに行ってたのよ
ポープのミサにも出られたらしい
一度は行ってみたいところだわ
こんな若いうちに行けるってラッキーだよね
うちの子らはまったく教会と縁がなかったんだけど
(一応洗礼だけは受けている)
こう言うの見るといいなぁと思っちゃう
帰ってきたらたくさん話を聞いてここで教えてね!!!

[C1217] スナちゃん

うちの子供たちにしても、スナちゃんの子供さん達にしても色んな面で、ラッキーと思わない?? だって、私達みたいに理解ある親がいるって事自体、恵まれてるって思うの。

旦那様の弟さん夫婦は、イタリアにバケーションで行ったの? 楽しかったって言ってた? 私なんか、すっかり英語圏以外の国に興味がなくなったくらいだからね。 子供たちは、これからだよね。 スナちゃんの子供さんたちも! 前にも言ったけど、成長ぶりを楽しみにしてるのよ。 お兄ちゃんたちは、私の子供たちより上だから、色々と参考になってるし、プーちゃんは、私に女の子がいないから、居たらこんな感じなのかなって。

イタリアの話しが楽しみだわ。
  • 2017-06-28 20:03
  • Kiko
  • URL
  • 編集

[C1218]

そっかー!息子さん達の年齢のときに、Kikoさんは単独でアメリカへ渡られたんですね~!!

そう思うと、Kikoさんは精神年齢が既に大人だったんですね!

でもやっぱり、自分と子供達とはまた別の感覚なのでしょう。

Kikoさんの仰るように、今は子供離れの訓練中なのかもね。

タイミング良く、Kikoさんの元に、桃ちゃんが来てくれたと思うなぁ(*^_^*)

息子さんたちも、この旅行で沢山の経験や得るものを持って帰ってくる事でしょうね!
  • 2017-06-29 08:59
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C1219]

わー!イタリア!
楽しい思い出たくさんできるの間違いなし!
それにしても、へえ、アトランタまで行った方が安いの?
お送りご苦労様〜。帰りは迎えに行かなくていいのよね?
桃ちゃんはkikoさんを独り占めね〜

子離れしても、息子くんたち、違った立場からずっと一緒にいてくれるよ。頼もしいな。
  • 2017-06-29 14:04
  • Chacha
  • URL
  • 編集

[C1220] Yokoさん

確かに子供たちの歳で、既にアメリカへ行く決心してたし、行ったら当分、帰らないと決めてた位、年齢的に大人だったのかは、疑問だけど、ヤル気は、満々でした。 怖いもの知らずだったし。

でも、自分の子供たちの事となると全くダメよ。 直ぐ心配になる。 可愛がり過ぎって言われるけど、私が子供の頃、母親にやって貰いたかった事をやってるだけで。 元主人は、結構うるさいので、上手く調和が出来てると思う。そして、こうやって色んな事を経験して大きくなっていくんだよね。

桃ちゃんが、私の所に来て丁度良いのかもね。




  • 2017-06-29 17:05
  • Kiko
  • URL
  • 編集

[C1221] Chachaさん

アトランタへは、私が行かなくっても大丈夫だったよ。 22人居るから、2台のバンを借りて行ったのよ。 帰りも同じく。私が送っていたのは、アップタウンの教会までよ。 笑

シャーロットから乗ると高いよ。 友だちもマイアミに行くのにシャーロットからだと400ドルくらいの値段だったのにグリーンズボロから同じ日で、78ドルだよ。 呆れるでしょ?

桃ちゃん、子供たちがいないからか知らないけど、気取ってクルクルダンスしながら、ウロウロしてるよ。 でも、カリカリのすくう音が、すると飛んでくる様にまでなったよ。 そして、そこでまた、クルクルダンスして、一口二口食べて、終わり。 笑える。

クーパー君に昨夜、全然、猫の毛も落ちてないし、匂いもしないなぁと言われたよ。 やはり、男性が育てるのと女性が育てるのって違うと思う。 桃ちゃんは、ヨナちゃんの様に綺麗だもの。 ブラッシングを毎日してるし、トイレも行くたびにお掃除してあげてるからね。
  • 2017-06-29 17:16
  • Kiko
  • URL
  • 編集

[C1222] いってらっしゃーい

イタリアですかー良いですねー。巡礼の旅なんて私も憧れます。聖フランチェスコに縁がある教会もよるのでしょうか?私はブラザー・サン シスター・ムーンの歌を思い出すんですよね。母が好きでなんども観ていたので、あの歌は心にとても強く残っています。二人にとっても素敵な旅になると良いですね。
  • 2017-07-01 15:13
  • Yuima
  • URL
  • 編集

[C1223] Yuimaさん

私たちは、Episcopalの宗派なんですよ。 古い歴史のある宗派です。 カソリックと勘違いされる方が多いですけど、プロテスタントです。外見上は、物凄くコンサバですけど、中身は、クリスチャンの中では、1番リベラルだと思いますね。 同性愛、中絶など全てを公認しています。

Yuimaさんは、何派でしょうか?

イタリアの巡礼の旅を子供たちが、エンジョイしてることを祈ってるわ。 もう数日で帰ってくるので楽しみよ。
  • 2017-07-03 14:54
  • Kiko
  • URL
  • 編集

[C1224] 失礼致しました

再度コメントさせていただきました。Episcopalだったんですね。イタリアはカソリックと完全に勘違いしていました。すみません。
私もプロテスタンですよ。なのでカソリックの教会とか行くと聖餐式に出れなかったりするんので疎外感を感じるんです。私が育った教会は日本にあるのですが、単立教会です。いま私が一時的に通っている教会は日本人向けの教会で礼拝が英語と日本語両方で行われる教会です。バプテスト系だそうです。Kikoさんが行っている教会はとてもリベラルで良いですね〜。私も行きやすそうです。息子さんたちの土産話が楽しみですね。

[C1227] Yuima さん

イタリアは、確かにカソリック教徒が多いと思いますよ。 ポープも住んでるし。 バチカンは、物凄く厳重なセキュリティだったそうです。 だから、イタリアは、テロが入りにくいのかも。

聖徒たちが歩いた所を歩く旅だったので、8日間で70マイルほど歩き回ったそうです。

Yuimaさんもプロテスタントですか。 そうですね〜ここにも日本人向けのバプテスト教会がありますよ! YuimaさんもEpiscopal系の教会が向いてるかもしれません。 唯一、リベラルだし、押し付けがましくないから好きなんです。 私は、キリスト教だけが、信じる道とは、思っていないので。
  • 2017-07-07 20:46
  • Kiko
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://modernfamily.blog.fc2.com/tb.php/532-a0a3fe8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして30年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で9年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事