Entries

学校が始まった

子供たちの学校が今週から始まった。 まあ、子供たちにとっては、部活があったから、夏休みと言っても有ったような無かった様な感じで、私の家と学校の行き来をしてたよ。 学校の隣に住んでいるから、便利という事も有って。



そして、すっかり、桃も息子たちが、家に居るのに馴染んでたせいか、学校が始まって、子供たちが居ないと寂しいらしい。 だから、学校が終わって、子供たちのどちらかが、家に帰って来ると大急ぎで出迎えてくれるらしい。



フットボールとマーチングバンドで大忙しの2人。




その上、高校最後の年を迎え、何だか、訳わからない難しいクラスも取ったりしてるから、大変だなぁと思うよ。



フットボールの息子は、今年のAPのクラスで全部、大学レベルにパスすれば、卒業後は、大学の1セメスター分のクレジットが貰えるから、頑張ってるようだ。



そこまで必要かと思うけど、本人希望だから、黙っているしかないよね。



そうだ~。 やっとシニアのフォトが届いた。 親バカ丸出しだけど、どのフォトも可愛くって、全部欲しいなんて思ったら、1人500ドル以上掛かる事を発見。



信じられない価格!



2人ぶんで、1,000ドル以上掛かるって、高いよね。 友達にフォトグラファーがいるから、彼に高校卒業前にシニア用のフォトを撮ってもらおうと思ってる。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Beauty and Beast - 美女と野獣

この映画を観たいと前から思っていたのよね~~。





だって、まだ、大学生の時にディズニーのBeauty and the Beastのアニメ映画が、制作されて、それを観てかなり気に入ったのを覚えている。



今までのディズニーアニメと違って、意地悪な継母も異母姉妹も悪女も居なくって、主人公は、別に美女ってわけでなく、どちらかと言えば、お転婆でコメディーっぽい性格。 可愛い動物が出てくるわけでもなく、いきなり家具や食器なんかが生命を持ってて、コメディーたっぷりで面白い。



だから、好きだったのよ。 プレイも観たよ。



あれから、数十年。



この映画を観て、アニメに無い立体感が有って、現代風だけど、同じミュージックを使っているから、自分の忘れていた過去を思い出して、物凄く良かった。



実は、ゲイの人物が使われているって事で、この映画は、ある田舎で上映禁止になったのよ。 観た限りでは、全然、違和感なんて無い現代風な感じで、私としては、面白かった。




美女と野獣のアニメが好きでしたら、是非、オススメよ。



何となくロマンチックな夢を観たい人へ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プライドパレード

子供たちの自慢ばかりを読んでいてもつまらないかもしれないが、子供たちに本当に学ぶことが多い。



こんな母親に良くこんな良い子供たちが、出来たもんだといつも感心するばかり。




今回もプライドパレードに参加した子供たち。




私自身は、1度も参加した事ないけど、子供たちは、毎年、嫌がりもせずにプライドパレードに参加する。



別にゲイでもない2人。 そんな2人が、参加するのに理由がある。






いつかは、この出来事もブログで書こうと思ったが、子供たちを思って書かずにいた。 しかし、後、1年以内に親元から巣立つ2人。 この1年の色んな思い出を綴って行こうと思うから、書く事に決めた。



その第一歩が、今日の課題。 元主人が、離婚後1年くらい経った時に自分は、バイセクシャルだと言う事を発見したといきなり報告が、私に有った。



それで、子供たちにどう報告すべきか迷ってるとも言ってきた。




その時の私の反応? 確か、なんて自分勝手な奴だと思ったはず。 私は、既に離婚してたから、元主人が、ゲイであろうとバイであろうとどうでも良かった。 でも、子供たちは、高校生。 フットボールとマーチングバンドで、活躍していて、ティーンエイジャーのど真ん中。



『高校を卒業するまで、言わないで欲しい。』



と頼んだが、その時は、彼も動揺してたから、その事を承知した。 しかし、彼の性格だからね~。 思い立ったら、絶対、心に抑えるタイプでない。 それより、自分の事に精一杯で、子供たちへの影響より、心に収めておく事が辛くって、数週間後に子供たちに伝えたのだ。




私は、ムカーッと来たけど、子供たちの反応は、意外だったらしい。



『ダディーが、ゲイで有ろうとバイで有ろうとそれで、ダディーが幸せになるなら、僕は、大丈夫だよ。』



『人目なんて、気にするタイプじゃないから、別に平気さ。』



と堂々と元主人に言ったらしい。 ついでに2人とも



『あっ、僕たちは、ゲイじゃないからね~~。』



とも念を押したらしい。こんなに心に余裕があるのか?



こんな子供たちが、将来のアメリカを支えると思うと素晴らしいじゃないですか。



彼らの仲間たちにゲイの家族を持つ子達も居るから、あんまり、気にもならないらしい。 別に人が何と思っても怖くないらしい。 デカイからか? 凄いなと思うよ。



私なんて、人の好き嫌い激しいし、悪口だって言うのに子供たちは、こんなに心が広いんだね。 良くこんな子供たちが、育ったものだ。



あれから、数年経ったけど、今も子供たちと父親の間は、同じまま。 本当に子供たちから学ぶ事が多いなぁ。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

フットボールのシーズン

この季節になるとフットボールだよね~。



うちは、フットボールとマーチングバンドの息子たちが居るから、ホームゲームには、必ず行くよ!



昨日は、シーズン初のホームゲームが有った。








フットボールの息子は、オフェンスのラインマン。 身長が、187センチくらい有るが、ここ数ヶ月でグッと体重が落ちたので、オフェンス仲間の間で1番小さい。(皆んなが、デカすぎ!)



コーチから、もっと大きくなって、プロファイルをアップして、大学スカラの為に押すからと言われたが、断ったそうだ。



息子には、息子の考えがあって、(現代っ子は、きちんと自分の意見を持ってる!) 私としては、彼の意見を尊重させてあげたい。



アメリカの大学でフットボールをやるという事は、大学生活の殆どをフットボールに託すという事だ。 特別な寮とカフェテリアがあって、朝から晩まで、フットボール仲間と暮らし、クラスも家庭教師付きで、まあ適当な成績でも大学側は、大目に見てくれる。 と言うのも大学側にとっては、フットボールとは、大きな金儲けの場所であるからだ。




息子は、特別扱いされて、大学生活するのは、良いけど、卒業後、どうするわけ? プロになる奴は、それで良いけど、プロにならない奴は、脳足りんのままだよ。大学で勉強しなかったから、大学院へも行けないし。
僕は、もっと違う夢が有るから。



実は、フットボールの息子は、堅い人間。



元主人は、このフットボールの息子と正反対だから、彼にフットボールを大学でやってスカラシップを貰えと言ってるが、私は、完璧に息子の意見を尊重してる。



だから、今シーズンが、彼にとって最後のフットボール生活だ。




マーチングバンドの息子もフットボールシーズン中にブラスのキャプテンとして活躍してる。







今シーズンは、色々と事情があって、チーム結成に苦労してる様だ。



彼は、音楽好きだから(私に似ていない)、てっきり、音楽の道に行くのかと思えば、これは、ただの趣味だって言う。 大学でもマーチングバンドに入る希望は、しているけど、勉強は、違う事をする予定だ。



2人とも何を勉強したいか、決めてるから凄いなと思うよ。 しかもどちらも自分の性格をわかっていての判断だ。 つまり、彼らの性格にピッタリの道を既に選んでる。



私なんて、彼らの年齢では、確かに自分の意見を持って、アメリカの大学へ行くと決めたけど、その後の計画とか分かっていなかった。 どうにかなるだろうと凄く曖昧だったもの。



クーパー君は、大学1年の時にやりたいことが、決まったと言っていた。 そんな風に先が、はっきりと先が見える人って、成功してるなぁと思う。



息子たち、これからだね~。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




最近のこだわり 2

このヨーグルトが、美味しい。





子供達が、グリークヨーグルトを食べる様になってから、グリーク以外は、買わなかったけど、最近、このヨーグルトを発見して、久しぶりに旨いと思ったの。



ここ1年すっかりヨーグルトを食べなくなった私。 前は、大好きで、毎日食べていたが、最近は、月に2-3回となってしまった。



決して、嫌いでないけど、食べたいと思わなかくなったからかなぁ。 それでも同僚が、Ouiのヨーグルトが美味しいと言ったので、食べてみた。



ガラスの容器に入ってるこだわりも気に入った。 フレンチスタイルのヨーグルト。 シンプルな材料。 余計な材料無し。



余りヨーグルトを食べなくなった私にも優しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


誕生日の続き

この辺りに日本人経営のレストランが、有っても2軒か3軒。 確かに日本食レストランなんて山の様に有るのにね~。 皆んな、中国人か韓国人が経営しているところが殆ど。別にそれは、それで良いんだけど、ちょっと違う事も多い。



そこで、昨夜は、友達2人が、どうしても私の誕生日を祝うのに日本人経営のレストランへ連れて行きたいと誘ってくれた。 この2人は、日本人でないのに私より日本食大好き。



今まで行った日本レストランと違って、レストランがモダンで、誰もが入りやすそうな雰囲気。





しかし名前が、超日本的で、『山猿』。 インパクトがデカイ。



経営者のハタさんは、もう腰の低い人で、どの客をもスペシャルに迎え、挨拶して握手を何度もしてくれた。






大きなバーとその向かい側に大き目の寿司バーを設定してあり、後は、テーブル席が、14つ位あったかなぁ。






私を見て真っ先に勧めてくれたのが、ブリカマの塩焼きよ。 これって、私の大好物なの。 北陸の冬は、ブリカマが美味しくって、いつも夏に行く私には、縁遠いものだった。 (これで、冬に日本へいく必要なくなったね。)



久しぶり!!!


旨いの一言。





刺身と寿司の盛り合わせも美味しかったけど、山猿さんのスペシャル寿司の山猿が、ブリカマの次に美味しかったよ。





誘ってくれた2人は、どちらもラテン系だから、明るいし、お魚大好き。男性の方は、この辺りで有名なサンドイッチの店を経営している友達。 だから、同じレストラン経営関係の人とは、直ぐお友達になるし、顔も広い。




しかも彼は、豚の角煮とか、サバをさばいて、酢味噌であえた物を作ったり凄い。 いつも彼のサンドイッチの店に行くと特別って出してくれる。 そのうち、サバの味噌煮を教えよう。 きっと作ってくれるはず。 ちょっと話しがそれた。





お酒とジンジャービールは、山猿さんのサービス。



この抹茶アイスもサービス。




楽しいひと時を過ごしたわ。


ハタさんは、帰り際にもう一度私たちのテーブルにやって来て、お話しをして、御礼を何度も言って握手をしてお別れ。 こんなにスペシャルに扱われたのは、はじめてよ。



又、行くよ~。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最近のこだわり

ここでは、食べれないとずっと諦めていた日本の食パン味。



パン作りを自分でする人なら、それに近い味が出来るかもしれない。 けど、私は、パン作りが下手なのよ。 ましてや時間もないから、どうして上手くいかないのかなんて、研究出来ないし。



そこで、最近発見した素晴らしい食パン。初めて口にしたのが、数ヶ月前。 それ以来、これ一筋。





子供達もこのパンは、上手いと言うくらい。



フットボールの息子は、毎朝、納豆をのせて食べてるよ。



私は、トーストしてバターとハチミツとか。 後は、そのままピーナッツバターをぬって、バナナをスライスしたものをのせて食べたり。 何もつけなくても美味しい。



チキンやハムなんかのサンドイッチも美味い。



絶対、日本の食パンを好きなら、このパンも美味いと思うからね。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

皆既日食 - Solar Eclipse

会社で、午後の2時を過ぎた頃から、皆んなソワソワとしだして外に出始めた。



ここシャーロットでは、午後の2時41分に98%の日食になると言う事で、会社の多くの人は、外で待機。



お友達のケリーと一緒に待機中。




日食用のメガネを通して、フォトを撮ってみたが、イマイチ。やっぱり、iPhoneなんかでは、上手く撮れないよね。 残念。






周りが、薄暗くなって、涼しく感じた。 太陽の光って、それだけ暑いんだと実感。



子供達にお昼過ぎにTVを付けて、ニュースを見るようにとテキストしたら、


『もう観たよ。 オレゴン州で、既に日食あったし、YouTubeで観たから~。』



だってさ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ファイナンシャルエイド101

息子たちが、二人揃って、大学進学を来年するので、ノンビリな二人を連れてセミナーに行って来たよ。



朝の部は、大学に入る為のエッセイとスカラシップについて。



午後の部は、高校最後の年にやらねばいけない事。 つまり、大学への願書、スカラシップとファイナンシャルエイドについて。



ランチタイムは、親向けにファイナンシャルエイド101のクラスがフリーで有った。 専門家が、1時間、ドーッと色んな情報を提供してくれるのだが、1番、私を不安にさせたのが、FAFSAに出す資料や情報を半分くらいの親が、間違えて出すから、貰えるはずの金額が、少なくなるのが現実らしい。



後は、邪魔くさくて提出しない親も多いとか。



FAFSAだが、Free Application for Federal Student Aidの省略。 つまり、親の年収によって、大学への資金を政府が助けてくれるもので、返済なしです。 ここが重要。



FAFSAだが、色々とややこしい事も聞くから、間違えて出して、貰えるはずの金額が、無かったり少なくなる事も多いと聞き焦るわけよ。



現に同僚がそうだった。 2人の子供達が大学へ行ってるが、一切、お金が出なかったと言っていた。 彼は、コロンビア出身で、英語の読み書きがイマイチ。 こちらの大学を出ていないからも有るが。 そんな彼が、FAFSAに申し込んだが、援助が一切貰えなかったと聞き、私も不安に。



他の同僚も絶対、彼は、間違えたか、提出するのが遅くって、資金切れだったに違いないと言ってたし。



だからと言って、高いお金を出してまでのファイナンシャルエイドのコンサルタントが必要なんだろうかとも思うわけ。



何となく、市民権やグリーンカードを取るにあたって、弁護士を雇うのと同じなのでは? 弁護士を雇った方は、それは、それで良いのですよ。



市民権にしてもグリーンカードにしても、英語が出来る人なら、きちんと申込書を読んで、きちんと書類を提出すれば、決して難しい事でない。



だから、FAFSAにしたって、コンサルタントを雇うほどでないのかなぁ。 どうなんだろうか。



でも、スカラシップのコンサルタントを雇うのは、いい事だと思ってるけどね。



それと今日のセミナーで、色んな事を学んだ。 今まで、州立大学だけを見て来たが、私立大学も考えるべきなのかも。 ある程度、高校での成績が良くって、親の年収が片親だけとして、ファイナンシャルエイドに申し込むと全額貰える率が高いとか。




このスカラシップのコンサルタントには、子供さんが4人いて、皆さん、アイビーリーグか、有名私立大学へ行ってる。 (凄い!) しかも、親の負担金は、最小限で。 やり方を知ってるコンサルタントに助けを貰うのが、私たちにとっては、1番の方法。こちらは、Merit Base。



でも、Need Baseの方は、コンサルタントを雇うか、どうしようか迷ってる。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

誕生日のあった週

40代最後の誕生日を今週迎えた。



正直言って、今年の誕生日は、とても良かった。 心が暖かくなると言うのか、物凄く幸せを感じる日だった。



まずは、沢山のお友達や同僚たちからのお祝いのメッセージを頂いた事。ブログで知り合ったお友達たちからもメッセージが有った。 どうもありがとう~~。





会社の同じ部署の皆んなとランチに行き、楽しいひと時を満喫出来た事。似た様な歳の仲間が集まってる部署のせいか、友達感覚でバカな事も言ったりして、楽しい時間を過ごせる。



子供たちからのメッセージ。 フットボールの息子は、起きてから数時間後に私の誕生日と気が付いたのか、大慌てでメッセージを送ってきた。 きっとマーチングバンドの息子に言われて気が付いたのだろう。



夜は、クーパー君が、タイレストランに連れて行ってくれた。 実は、タイの料理が大好きな私。 好きなレストランへ連れて行ってあげるからと言われ迷ったけど、やっぱり、タイ料理だなぁと。



その後、色んな話しをしたけど、私の家の中をグルーっと見渡して、



『引っ越す前に大きなヤードセールしないといけないな。』



と言われたよ。 分かっております。 一杯、物が有るよね。 この際、何をクーパー君の家に持って行きたいのか、伝えて彼の心の準備をしとかないとね~。



お気に入りのチェアーと子供たちのベッドルームの全ては、絶対、持って行くよ。 後は、日本からの本と幾つかの飾り物とアート。



それと桃ちゃん。



後は、どうでも良いよ。 ヤードセールか、寄付だね。



そんな話しをしながら、夜が更けて行った。 付き合って長いから、甘い言葉とか無いけど(元々無かったけどさ)、彼の愛情がしみじみと分かる誕生日だった。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして30年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で9年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事