Entries

日本人のお友達とドーナツデート

土曜日の朝は、日本人のお友達のChachaさんとドーナツとコーヒーのデートでした。



このブログを通して知り合って、偶然、クーパー君の家から近い事もあって、年に何度か会ったりできる仲となった。 なんせ、Chachaさんは、ナースだから、毎週末に休みとかになる事もないから、予定が合わない事もあって。



それにどうせ話せるなら、日本語がイイしとカボさんとクーパー君に悪いけど、2人で会える日を選び(私が勝手に決めてる)、土曜日でした。



Chachaさんは、相変わらず、メーク無しの美人さんでした。



コーヒーは、毎日飲むけど、ドーナツは、年に1度か2度食べるくらい。 どこのブランドのドーナツかは、言いませんが、どうも私と相性が良くないのよ。 でも、Chachaさんの好きなお店のドーナツ屋は、私でも大丈夫なのです。



今回は、Chachaさんのオススメのバナナプディングドーナツを選びました。 フォトを撮るのを忘れたので、借り物で。





これは、思ったより甘さ控えめで、美味しいの。 外は、サクサクとして、中は、しっとり。



前にもこのドーナツ屋さんで食べた時は、胸焼けがなかったけど、今回も大丈夫だった。



Chachaさんとは、色んな話しをして、何だかあっという間に時間が経ったよ。 しかも猫好き同士だから、猫の話しでも盛り上がり、Chachaさんから、猫じゃらし(日本製)と美味しそうな猫のオヤツまで頂き嬉しかったわ~。



Chachaさんたちは、来年には、カナダに引っ越すみたいだから、悲しいけど。 人生色々有るものね。 お互い幸せな道を歩こうね。



その前に近々、又、会おうね。



こうやって、好きなブロガーさんたちともっと会えたら良いのに。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

桃ちゃんと1ヶ月記念

桃ちゃんが、私達の家の猫ちゃんになって1ヶ月以上が経った。 初めて来た時から比べると物凄く進歩したよね~。



もう私が、会社から帰って来ると甘えて、甘えて、可愛いものよ。 夜も私さえ居たら、幸せって顔してる。




寝る時も私の隣にピッタリくっ付いている。 絶対、一緒に寝るのを反対していたくせに。 桃ちゃんを甘やかしているって、クーパー君に言われるけど、甘やかしたくなる顔してるのよ。



体重だって、3キロないし。 丸くなったら、超小さいんだもの。







私の膝の上で、ゴロゴロ甘えて来ると可愛いなって、益々、ナデナデしてしまうのよ。




テキストなんかしてると桃ちゃんから、睨まれるのよね~。





食事に余り興味が無くって、とにかく遊んで、沢山、撫ぜてあげるとやっと食べるくらいかなぁ。



そんな彼女がいまだに嫌ってるのが、私の子供達。
どうしてなのだろうか? 子供達がいる間中、彼らの側によっても来ない。 しかも、私を見ると



『あの大きなモンスターみたいな人達を退けて!』



って感じで、ニャーニャー鳴いて来るから困るのよね。正直言って、うちの息子たちは、かなりガッカリしてるのよね~~。 違う猫が良かったって。



仲良くなれる日が来るのだろうか? 何が原因なんだろうか。



これは、オマケ。 食事中の人、失礼します。 凄い瞬間を撮ったでしょ~~。






にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

学年末のバンドのコンサート

高校9年生と10年生が多いシンフォニーのクラスと高学年が多いWind アンサンブルのクラスのコンサートがあった。



まずは、シンフォニーのクラスの演奏から。 なんか迫力が欠ける。 悪くは、ないが、眠くなる様な演奏。



元々、音楽の才能ない私には、分かるわけないんだろうけどさ。



その後は、高学年の多いWindアンサンブルのクラスの演奏。



やはり、素人の私が聴いても上手だなぁと思った。



息子から、1番前のステージに向かって右側で演奏するからと聞いていたので、早くから1番前の席を陣取った私です。



しかし、大柄なチェロが、息子の前に陣取った。







せっかく1番前の席なのに息子が、見えないよ。



見えないなぁと思えば思うほど、このチェロを弾く女生徒さんも益々、息子の目の前に移動したんだよ。






もうしょうがないから、最後までコンサートを聴きました。



たった2曲だったけど、難しいピースを15分ずつ演奏したので、満足度が大きかった様だ。 私も上手いなあ~と感心。



先生が、新しく12月と変な時期に変わったけど、この新しい先生の評判が良くって、凄く皆んな上達したのが、よ~く分かったよ。





高校生活も後一年だね~。 息子たちの事をもっとブログで書かなきゃ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ある少年

息子たちの通っている高校のシニアの生徒で、素晴らしい少年がいる。



絶対、将来、アメリカを背負って行く人間の1人だと私は、見ている。



この少年の名前は、マイルズ君。 親を見たことないので分からないけど、多分、黒人と白人のハーフであろう。 でも、そんな事が言いたいのでない。



実は、マイルズ君とは、去年、学校で会ったのです。 私が、キャンパスをキョロキョロと歩いているとマイルズ君が、やって来て、まずは、自己紹介をした。



『前にも何度か、キャンパスで見かけたことありますが、XXXX君とOOOO君のお母様ですよね。 僕は、マイルズです。』



と言ってきた。 今時、ティーンでこんな挨拶出来る子がいる? しかも、自ら名乗り出て来る様なティーンなんて会ったことない。しかも私の様なアジアンにも抵抗なく。



その時に只者でないなぁと直感したね。



それから、ちょっと会話をして、その場を去ったのだが、ホームカミングキングは、このマイルズ君だったし、生徒会長も彼だ。 校内のどのイベントにも顔をだし、色んな大人と話している姿を見ると凄いと思う。



やっぱり、只者でないなぁ。



そして、毎週来る校内のニュースレターに奨学金を貰った生徒の名前が載っているのだが、これに毎週の様に彼の名前が載っている。



次から次から、奨学金を貰っている様だ。 校内放送で、奨学金を貰った生徒の名前が呼ばれるらしいが、マイルズ君の名前が呼ばれる度に皆んな、



『又かよ~~。』



って飽きれるらしい。私の息子たちも



『もうマイルズの名前を聞き飽きた。』



と言ってきたので、


『馬鹿者! 彼の様な子は、中々いないのよ。 素晴らしいことなのよ。 祝福してあげなきゃ。』


と注意しときましたよ。



マイルズ君は、一体、幾つの奨学金を貰ったのかなぁ。 凄い数だと思う。



先日の全米日本語協会の認定式でもマイルズ君は、顔を出して、私を見かけるとキチンと挨拶をして来たので、ここは、親らしく、彼の奨学金と大学進学の祝辞を述べると流石に嬉しい顔をしてました。



そこで、うちの息子たちの今後の参考にと沢山の奨学金を貰う手法を聞いてみたんです。



そしたら、嫌な顔もせずに



『大きな奨学金は、第三者のカレッジカウンセラーを雇って助けてもらったんです。 後の奨学金は、学校の職員室外に載ってる奨学金リストの殆どに応募したんです。』


との事。



今後、20年後くらいに彼の活躍している姿を何処かで見かけるかもね。



楽しみな少年だなぁと久しぶりに思ったわよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バンドの学年末パーティー

あっという間に息子たちの高校11年生も終わりに近づいてる。 信じられないくらいの勢いで、時間が過ぎてるけど、今も1日って24時間だよね。 と疑う程、早く時が過ぎる。



歳を取ると時間が経つのが早く感じると言うけど、息子たちもそう言うから、年齢に関係ないのかなぁ。



昨夜は、全てのバンド系の学年末パーティーがあった。



うちの息子だけ、妙に大きいのだが。





卒業する女の子たちは、プロムで着たドレスなんかを着て、益々、大人びて見えたなぁ。



今年は、この子たちにとって、大変な年でもあった。 バンドの先生が、いきなり、12月で辞めて他の学校へ行くことになり、皆んな、動揺していたけど、新しく来た先生の方が、数倍良い先生みたいで、結果的には、良かったり。



うちの息子なんか、去った先生が余り好きでなかったと言うか、中学校の吹奏楽部の先生が、素晴らしかったので、高校のバンドの先生の教え方が、子供っぽくて嫌だった様だ。 でも、先生ごときで辞めるわけにもいかず我慢していたらしい。 去ってくれる知らせを聞いた時、心の中で喜んでいたらしい。 だから、今の先生は、やる気満々で大学レベルの音楽をやってくれるから、再び、息子にもやる気が戻り、先生の事が大好きな様だ。



パーティーは、ジャズバンドの演奏を聴きながら食事をして、後は、各バンドやクラスの賞賛式。



最後は、思い出のフォトスライドショーで終わり。



卒業生の赤ちゃんの頃のフォトとか載せてる人もいて、来年は、うちの息子もと思うと繊細な母は、ちょっと涙目に。



今の姿から、想像も出来ないくらい小さくって可愛かったのにね~。





後、高校生活も1年って思うと嬉しいのと悲しいのと混じって複雑だわ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ホワイトハウスでなくなった

これをフェースブックで見かけた。 まさにその通り。現在の荒れ狂ったアメリカ政府。



アメリカを動かしているのは、あのろくでなしの親父でなく、プーチンであったのだ。







次回発行のタイムの雑誌だ。 偉い。 言いたい事を言えない事が多い中、堂々とこの表紙の雑誌を販売するらしい。


偉いぞ~。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

息子たちと日本語

全米日本語協会から、2人とも認定書を頂くことになりました。


日本語の成績の優秀で、全科目の成績も有る程度、良いシニアの4人とジュニアの7人が認定されたのです。



フットボールの息子は、どの科目も成績優秀だから、先生も貰えると始めから分かっていたのか、認定書が金縁の本物。



マーチングバンドの息子は、カラフルな成績なので、ギリギリまで分からなかったのでしょうか、本物の金縁の認定書は、後で送られるとか。











キンダーから一緒だった友達数人と頑張った甲斐があったね~。 APのクラス(大学レベルの日本語クラス)を一緒に取った仲間たちです。



皆んな、それぞれの夢に向かって歩いてる子供達。 頑張って、『Make America Kind Again!』



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

世話係ですから

私って、結構、友達の世話を焼くのが好きなんかもと良く思う。 お節介なのかなぁ? 好きな友達にも幸せになって貰いたいと手助けしたりするのが、好きだ。



実は、日本人男性の友達のYさんとアメリカ人女性の友達のSさんを会わせたいなんて思ってる。 Yさんは、現在、元奥さんと離婚交渉中。 Sさんは、今年、離婚したシングル。



どちらも私の好きな友達だ。 2人とも性格が明るく、親しみやすい。



普通に生活していれば、絶対、接点の無い人達。 だから、私がここで一肌脱いで、2人を引き合わせたいと思ってるわけ。



余計なお節介? 分かっております。



でも、でも、絶対、合うと思うのよ。 どちらも私の好きな友達だしね~。



こう言う事するのが好きなのよ。 よ~く言われるのが、デートの斡旋行者をするべきだって。 アハハ。 考えたことあるよ。



2人を会わせる計画を立てようっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

友達のケリーが働きだして

私の働いている会社で、空きのポジションが出来たので、友達のケリーを紹介したら、何と上手くトントン拍子に就職が決まった。




うちの会社で空きのポジションなんて、滅多にないの。 だって、多くの人が、一生涯働く様な会社だから。 つまり、毎年、何人かの人が、30年、40年や45年勤務アニバーサリーを祝う事もある。 日本企業もビックリでしょ? 私なんて、この会社に入って、10年目だから、まだまだヒヨッコ。



だから、ケリーに紹介出来るポジションが、空いた時には、


『飛びつけ!』


と言ったほど。 今まで、一度も友達を紹介した事が無かった。 何人かの友達が、私の会社に入りたいから紹介してと頼んで来たけど、どんな働きぶりをするのか、分からなかったので、何時も空きのポジションが無いと断ってたの。



友達は、あくまで、友達としてしか知らないからね~。



紹介して、大失敗だと私の評判が悪くなるのも嫌だし。 皆んなにも迷惑掛かるから。それに友達と気まずくなるのも嫌。



でも、今回のケリーを押したのは、空きのポジションは、ケリーの性格にピッタリと思ったから。 仕事内容は、ともかく、上司と彼の部下たちのアシスタントのポジションだが、この上司と彼の部下たちを良く知っているから、彼らの性格には、ケリーの様なアシスタントが必要と見たのだ。



働き始めて、初めてのお給料を貰ったケリー。 やっぱり、性格的にこのポジションが合ってるようだ。



上司も周りの男性陣もケリーに対して、良くしてくれてるようだ。 まあ、前の方が、仕事をもうしたくないおばあちゃんだったから。



ケリーも楽しくやっているようだし。 これで良かったのかもね。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

猫の気持ち

益々、分からない桃ちゃんの気持ち。







可愛く愛嬌を私に振り撒いたかと思えば、『誰? このおばちゃん?』って感じで、あっち向いてる桃ちゃん。



しかし、やっと私には、気を許し出してきた。 子供たちが居るときは、絶対、姿を現さずに子供たちのベッドルームで隠れてるか、キャビネットの中で隠れてるかだから、桃ちゃんって、永遠にこんな感じなのかなぁと思っていたのね。




そしたら、先週末に子供たちが居ない間、私が1人で家に居ると知って、私の周りをウロウロ。 今まで姿も見せなかった場所まで来て、一緒に座ったり。








私の膝の半分まで座る余裕まで、見せる様になった桃ちゃん。しかもリビングルームでよ。




って事は、邪魔者は、うちの息子たちだったのね~。



夜も何度も私の寝ているベッドにやって来て一緒に寝てる事が、できる様になった。 凄い進歩。



『もう起きるの?』



『夜駆け回ったから、もう少し寝ていたかったけど、しょうがないわね。』



って感じでしょうか。



大進歩だよね。 私が、桃ちゃんの名前を呼ぶと気分が向いている時は、走ってやって来てくれる様にまでなった。



益々、可愛い。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして30年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で9年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事