Entries

友達とのディナーと男のジェラシー

先週、久しぶりに友達のナタリーと食事に出掛けた。



ブログを通してChachaさんと初めって会ったタイレストラン。



初めて食べた時も美味しいと思ったが、今回、ナタリーと行って、やっぱり、美味しいままだったし、サービスも良かった。



ナタリーとこうやってゆっくりと時間を取ったのは、半年ぶりかもしれない。 何時も私と出かける度に彼女の彼氏のクリスのご機嫌が悪くなるんで、ゆっくりとエンジョイ出来なんです。



しょっちゅう、テキストあったりして、しかもダダをこねるから、ナタリーは、何時も飛んで帰るんです。 それにクリスは、只今、大腸ガンの治療中ともあって、彼女は、彼に付きっ切りでずっと会っていなかった。




やっぱり、元々、仲良しだったから、6ヶ月ぶりでも話しが合う。 殆ど、彼女の愚痴だったが、私の話しもキチンと聞いてくれ楽しい時間を過ごせた。




しかし、クリスは、相変わらず、私がナタリーと一緒だったのが気に入らないのかは、知らないけど。 物凄くジェラシーが強く彼女が、彼を1人にして出掛けるのが嫌いだそうです。



『お前は、ティーンか? 自分の彼女を独り占めなんて、もっと大人になれよ!』



と言いたいが、グッと我慢。 ナタリーも分かっていたと思う。



あれこれ話して3時間があっという間に経ったよ。




又、近くに会おうと約束したが、クリスにもっと嫌われるだろうな。




でも、全然、気にならないです。



私、こういうジェラシーの多い男が、嫌いです。 ナタリー、許してね~~。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トレジョで見つけた

先週の金曜日のランチ時にトレジョで、買い物をしていると試食として、これがあった。










ぶどうなどの葉っぱに米やひき肉などが詰められて、ほのかにレモンの味がする中近東から来た食べ物。




数年前にレストランで食べて、美味い~と思ったけど、自分で作ろうとは、思った事など無い。



そんな折りにトレジョで試食としてあったのをつまんでみると美味しい味。



トレジョのは、米だけが中に詰めれているから、1缶$2.49と安め。



おつまみや前菜にちょうど良い。 ちょっとしたパーティーとかだと会話にもなるし。日本人は、桜餅とか、よもぎで出来たお萩とか食べるから、葉っぱを食べる事に抵抗少ないし。



レモン風味が好きだったら、いけます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

父親への誕生日の贈り物

やっぱり、電話を親に掛けて良かった。



親の近くにでも住んでいれば、父親の好みだって分かるだろうけど。 そして、ギフトをコッソリ送って驚かせる事だって簡単だったろう。



でも実は、父親の事を良く分かっていない。 だから75歳の父親のギフトは、本人に聞くのが一番と決め、連絡をしてみた。



きっと何も要らないと断ると分かっていたけどね。



そして一番のギフトは、私達が帰省する事なのは、分かってる。でも、子供2人と一緒だと大体、8,000ドルくらい使うので、そんなお金は、やっぱり、これからの大学費の為に貯めるのが先決。



物は、要らないと言う父親が、希望したものは、JCBのギフト券。



いつでも、何処でも使えるから確かに便利。 早速、JCBさんに問い合わせたが、さすが、日本。 こう言うところは、遅れてる。 現金振り込みか、JCBのカードだけでしか、ギフト券の支払いが出来ないと。



しかも、他の銀行で販売しているVisaやMaster Cardのギフト券も同じだった。




一体、今の時代に支払いを銀行振り込み、或いは、その会社・銀行のカードだけとは、不便よ。




色々と調べまくったら、たった一軒の金券ショップだけ、海外からのクレジットカードを使って支払い可能とあった。



ちょっと手数料が掛かるが、出来るだけ父親の希望に願ったギフトをあげたい。



オーダーしたら、直ぐに配達可能の様だったから、来週にでも問い合わせてみよう。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

父親の誕生日

後、少しで父親の誕生日がやって来る。



今年、75歳になる父親は、まだまだ、元気いっぱい。



昭和の一番景気が良くなっていった時代に働き、同じ会社で、42年間働き定年した。 私の目からは、いつも海外へ出掛け、ダンディーな父親だったが、怖かったのも事実。



海外から戻り家にいる時は、時間厳守で、1分でも遅れると恐ろしい喝が飛んできた。 物事をキチンとしていないと嫌な性格。 美味しいものには、いくらでもお金を出すタイプ。



そんな父親に何をプレゼントしようかと迷っている。



去年の母親の誕生日には、お花のアレンジメントを贈ったのだが、後に



『お花のアレルギーがあるみたい。 もうお花なんて送らないで。』



と母親から言われた。 ガッカリ。 私なんて、花を貰うと物凄く嬉しくってテンション上がるのに。 やっぱりネガティヴ系の母親には、何をしてもダメね。




だから、父親には、どうしようか迷っている。



ビールが大好きだったのは、覚えている。 今もそうなのかな? 甘いものだと絶対、母親からクレームが来ると思うし。 ビールか美味しいお酒? 75歳の父親にアルコールを贈るのは、ダメかな?



今夜あたり母親に電話を掛けてみようかなぁ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子供たちとの相性

某占いで、獅子座の親には、双子座の子供たちを持つと親子関係が最高と書いてあった。 獅子座の親と双子座の子供たちの相性が抜群だと。 まさにうちがそれなのかもしれない。



元主人も私も獅子座 - 基本的に楽天家。 絶望な時も必ずと言って、這い上がって頂上に登る。 熱烈で人生を一生懸命に満喫しているタイプ。



子供たちは、双子座 - これって双子座の性格かは、知らないが、妙にノンビリとしている。 基本的に穏やかで、調和されている。




そして、獅子座の親のクレイジーな部分を双子座の子供たちが、この世で大切なものとは、何かを教えてくれ、獅子座に無い謙虚さを与えてくれるらしい。



全くその通りです。



いつも息子たちから学ぶこと多いです。 そして、私たちのいつもヘコタレない元気さと楽天的な所を子供たちも学んでいるようです。



真剣と言うより、お笑い家族の様な家庭。 私が、クレイジーに物事をまくり立てると息子たちが、




『ママ、Calm Down~。 Don't be so Asian!』



と言い、ペラペラ話しがとまらない熱烈の父親には、



『Dad! Calm Down! We are Asians. We get it! You don't need to repeat!』(お父さん! 落ち着いてよ。 僕らは、アジア人の血が混じってる。 そんなに何度も同じこと言わなくっても、一度で分かるよ。)



あ~~ところで、元主人は、超アメリカ人ですけど。
何故か、子供たち、都合のイイ様にアジア人を主張してない?



元主人とも私とも上手くやってる2人。 しかし、2人共にずっと言い聞かせている事は、



『分からない事や知りたい事は、私たちに聞く様に。 友達に聞くのも良いことだけど、大抵、情報が間違ってるよ。』



『どんな時もアドバイス出来る限りするから、何でも聞きなさい。』



と言ってある。 まあ、今の世の中、何でもグーグル出来るから、私達に聞かなくても分かるだろうけどさ。



だからかは、分からないけど、息子達は、今でもどちらの親とも仲良しだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アメリカの高校

もう既に来年度、どんなクラスを取るのかを選ぶペーパーを家に持って来ている息子たち。



来年度は、ジュニアになり、いよいよ難しいクラスが揃っている。



しかも息子達は、World Language Magnet のプログラムに入っているから、卒業に必要な単位が、ややこしい。



私や元主人の様な性格だとノホホンとしている息子達にイライラの連続。



その子その子に応じた対応が、必要なので、1人づつの単位とクラスを一緒に選ぶのだが、私と元主人の意見が違い、カチーン! 次に息子との意見が違いカチーン!



高校なのに色んなクラスが有りすぎるのが、まず、イライラの元。大学じゃ有るまいのに! 何で、ややこしいわけ???



高校卒業に必要な単位:

英語のクラスが、4単位
数学のクラスが、4単位
サイエンスのクラスが、3単位
社会、歴史のクラスが、4単位
保健、体育のクラスが、1単位
好きな選択出来るクラスが、8単位



合計24単位が必要なのだが、それに息子達の様にWorld Language Magnet のプログラムに入っていると外国語或いは、外国の歴史が7単位必要なのだ。



それに息子の1人は、マーチングバンドをやっているから、何か、バンドのクラスを取らなければいけない。




よ~くよく考えてみるとバンドに入っている息子は、2018年に卒業出来ないのでは????



失敗だったのが、フレッシュマンの時に日本語のクラス(必修)とバンドのクラスの時間割で他の必須科目が、取れなかったのだ。出遅れた。



サマースクールが、必要かも。 その返事も



『オーケー。 行かなければいけないのなら---』



とノンビリと答えた。 何て気楽なの?




フットボールの息子は、中学校のうちから、高校レベルのスペイン語を取っていたから、高校に入った時から、既にレベルが上のクラスを取れたので、必須科目の卒業単位は、間に合っている。




しかも、彼は、親に似ず成績は、学年で上8%内の成績だから、心配なさそうだ。



バンドの息子は、上位28%の成績。



それにしても何で2人共、こんなに危機感が無いわけ???



それにしてもアメリカの高校、大学と変わらないわ。



汗~~



時間が早くたちすぎる。 汗~~。親の方が焦ってるって。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


クーパー君の会社事情

クーパー君が、どこの会社で働いているかは、書かないけど、彼の働いている会社が去年末で、正式に半分に分かれた。



分立をしたのだ。



もちろん、会社経営している4人の社長を始め重役達の利益を損すること無くの分立。




この社長を含め重役達4人のオフィスは、ビルの最高階のフロア全て。




クーパー君の話だと1人あたり、3,000から4,000 sq ftのオフィスを持っているらしい。



これって、アメリカサイズの大きい方の家だよ。 それが、オフィスだよ!!!! しかも1人づつの。



シャワー室から、会議室付き。 テレビも観れるし。キッチンも有るらしい。



きっとベッドも有るんだろう。



そんな会社が分立した為にその下で働く人達が、えらい迷惑を受けている。




そして、今日、クーパー君が指揮いる部署が、この夏一杯で、閉鎖されるとの報告を上司から聞かされた。 (前にも書いたけど、この上司の年収1億円。)




しかし、当分、クーパー君は、部下達にもその下で働く人達70人にも閉鎖する事を言えないのであった。



つまり、皆んながパニクったり、閉鎖前に一気に辞められると困るからだ。




ここが、大きな会社の汚い所。 私も今の会社に入る前は、大きな銀行で働いていたから、こんな事情をよ~く見てきた。



上の人達や重役達は、そもそも良いお給料と共に人脈も桁が違うから、既に次への仕事探しや、次への仕事が決まっている事が多い。



1番損するのは、オフィスでペコペコ働いている人達!!!!




最後まで事情を知らずに



『明日から仕事無いです!!』



と捨てられるのだ。



これから、大変になりそう。



既にクーパー君は、CFOから彼の下で働かないかと声が掛かっているらしいが、彼は、他の会社へ行く事も考えている様だ。



私は、クーパー君だけの心配をしていれば良いのだろうから、余計な事は言わないけどね。



でもね~銀行で苦労した私だから、彼の下で働く70人の皆んなの事が、気になる。




大きな会社で働くのは、色々と利益有るけど、やっぱり、今の会社で頑張って働く方が、満足感と安心感が大きい。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

趣好の変化

昔は、お料理するのが好きと言うか、レシピを調べるのが大好きだったから、今でもレシピのコピーやクッキングブックなどが、山の様に有る。



先日、何を思ったのか、ちょっとその山の様に有るレシピを整理してみようかなんて思った。



今の世の中、ネットでササっと探せるんだから、クッキングブックやレシピのペーパーを捨てるべきと分かっている。




しかし、これって中々難しい。 まずは、どんなレシピを取っておいてあったのかと見始める。 時間掛かるから止めとけばいいのにね。




驚いたのが、何でこんなレシピを取ってあったんだろうって言うものが山の様に有る。



食べ物の好みがかなり変わったのも明らか。




昔は、チョコレート類、チーズケーキ類、アイスクリーム系のお菓子が好きだった様。 そんなレシピがいっぱい。 でも、今では、食べたいと思わないので、捨てる事に。



何だか訳わからないお料理のレシピも出てきた。




絶対、2度と使う様な事のないスパイスとか材料が入っているレシピは、捨てる事に。 材料が沢山必要なレシピも捨てる事に。




作った事あって、美味しかったレシピ以外は、捨てる事に。



今年の夏に引っ越しを考えているから、今から、少しは、要らない物の整理をしていこう。



ちなみに子供たちが生まれる前は、日本食なんて殆ど作らなかった。 お米も15ポンド(6.8キロ)も一年掛けて食べていたくらい。




それが、今では、子供たちは、私の顔を見る度に



『日本食作って!』



と言う。 別に大した物を頼まれるわけでないが、うどん煮込み、カレー、チキンカツ、ラーメン、納豆ご飯、味噌汁、ドライカレー、麻婆豆腐、温泉卵、ナポリタン、クリームシチューなど。 時々、魚の煮たものなんてリクエストされるが、未だにこれだけは、作ったことない。




レパートリーが少なくって悪いけどね。 それでも日本食を昔から比べれば、かなり作れる様になった。



夏までに整理出来るのか? それとも全部、捨てるべき?

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダウントン・アビーのドラマ

英国の貴族階級とその下で働くメイド達の生活と相続人を巡ってのイギリス発のドラマ。






6シーズン有るのですが、出遅れの私は、只今、2シーズン目を観ています。



英国英語なので、聞き取りに憎いのは、確か。 アメリカの友達達も英国英語だからと観ていない人も多い。



でも、そんな事が気にならないなら、是非、オススメのドラマです。



初めのエピソードから、いきなり、第一次世界大戦前後の貴族のクローリー家の相続を巡っての問題。 使用人達の裏の生活。 愛と憎しみが入り混じり、まあ色々とあるわけです。美しく清らかな世界かと思えば、全然、そうでない部分もあって、イライラと共に自分の世界から程遠いので、安心して観れると言う素晴らしい作品です。




華麗な世界です。 美しいドレスにうっとり。 私もあんなお上品な女性だったらと想像しながら。




ちなみにクーパー君は、初めのエピソードを観て、英国英語だったので、イマイチだった様で、もう観てません。



しかし、彼のご両親は、ダウントン・アビーにすっかりはまってます。 ラストシーズンを満喫しているようです。



何だか、日本の江戸時代のお局様の世界を思い出す。 全然、背景も時代も違うが、この様なドラマ有りの将軍家の奥様がたと使用人達の生活。



いや~どの時代でも、どこの国に住んでいても同じドラマ有りの生活だね~。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お気に入りの洗顔料

このOriginのスキンケア会社だが、オーダーする度にキチンと日本の様に包装されて送られてくる。






箱の中も無駄なく、商品がキチンと入っている。



この洗顔料がお気に入り。





マイルドで使いやすい。 Originは、誰の肌にも合うはず。 Estée Lauderの息子(と言ってもおじいちゃんだが)さんが作ったスキンケア重視の会社。 どのスキンケア製品も素晴らしいです。




そして、メイク落としには、PhilosophyのPurityがオススメ。 アイメイクも落ちるから、アイメークリムーバーが要らない。





色んなメイク落としを使ったが、これ以上の素晴らしい物は、見つけたことがない。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして30年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で9年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事