Entries

新しいお友達とあづささん

先週の日曜の夜にあづささんの家で夕食を頂いた! でもすっかりフォト撮るのを忘れ、パクパクと食べた私ですが、今回は、新しいお友達をあづささんが紹介してくれました。


彼是、10年前に1年間ほど旦那様のお仕事の関係でここに住んでいたやっちゃん。 そして、日本に6年間住んで、再び、ここに戻ってきたらしい。 基本的に駐在の奥様方とは、お友達になることがないあづささんと私ですが、あづささんは、やっちゃんと10年前に知り合いになって、今もお友達で、私も絶対好きになるからと言われ、お会いしました。


会うなりから、話が弾む・・・弾む・・・。 しかも既にやっちゃんと呼んでいますよ。 あづささんが、キッチンのカウンター越しにお料理を出して、やっちゃんと私が、パクパク食べて、飲んで、ペラペラ話してとあっと言う間に4時間が過ぎたわ。



あづささんの持ち前の明るさ(本当に関東人?)が、その場を和らぎ、初めて会う人とも話がしやすい場を作ってくれる。 基本的に私は、シャイだし(絶対、そう見えないかもしれないが)、多くの人とワイワイするのが、苦痛なタイプ。 どちらかと言うと相手のことを良く知るのが、好きだから、少人数か、1対1で人付き合いしたいタイプ。



そして、やっちゃんは、言いたい事をはっきり言えるタイプらしい。 だから、お友達になっても気楽に過ごせそう。 それにあづささんのご近所だからね。 


やっちゃんは、揚げた天ぷらとワインを持って登場したので、何も作れない私からみれば、今後、あづささんの所で集まる時は、もしかして、私も1品持って来いという事になったらどうしようなんて、思ったわ。 



でも、全然、そんなこと無さそうな感じだったので、今後もこのままの私です。 



最後には、セルフィーフォト撮りまくり。 その一枚が、これ。

09302015 076
スポンサーサイト

愛していると言う言葉の重み

色んな事が、頭の中をウロウロしていて、何処からどう処置・対応していこうかと検索中。 こんな時は、紙に書いて順序を決めて対策するのが一番と思っている。



でも、一番の衝撃は、クーパー君とのことかも。 付き合い始めて、彼是、2年と5ヶ月が経とうとしている。 お互い子供がいる身分で、仕事と家庭を両立しながらの付き合いだから、会えるのは、月に6-10回くらい。 どちらも子供たちのいない週末は、必ず一緒に過ごしてきた。



私は、仕事柄、定刻時に帰るけど、彼は、子供のいない日には、7時、8時くらいまで仕事をしているので、普通の日には、コンサートやミュージカルとかのイベントが無い限りは、会わない。



そんな感じで、2年5ヶ月を過ごしてきたわけだ。 お互い大人だし、根本的な性格や価値観が似ているせいか、喧嘩もしない。 一緒に居て、楽しいし、気が楽だ。 これからも一緒に過ごして行きたい人であるのは、間違いない。 



しかし、こんなに長く付き合っているが、彼の口から、私の事を『愛している』と言う言葉が無かったのだ。 もちろん、彼が口にするまで、私から言うつもりも無かったし。 会うたびに良くしてくれるので、私の事どう思っているのだろうかとは、思っていたが、待つ事にしようと。



他人から見れば、何ともじれったいと思うかもしれない。 アメリカ男性にしては、珍しいくらい。 それに特にアメリカ人の女性は、待つ事をしないから、友達たちは、呆れていた。 そして、アメリカ女性は、付き合って6ヶ月も経てば、同棲しようだの、結婚は、何時するのかと必ず話題を持ち出す。  



彼も私同様、結婚を失敗している。 その事もあって、彼の性格上、軽々しく『愛している』と言う言葉を使いたくないのかもしれないと判断していた。 いや、それとも私の事は、好きでも愛しているとまででは、無かったのだろうとも思った。 



でも、今週末は、何かが違っていた。 



別に何か特別な事を話していた訳でもないが、いきなり、彼が、『愛している』と面と向って言ってきた。 


人間の心とは、不思議なものだ。 たった、3つの単語が並んだ「I love you」で、この世が変わるほどの気分である。



慎重な彼だからこそ。 2年5ヶ月も待った言葉だからこそ、その重さを感じている。 もちろん、私の返事も「愛している」だったが、その後、彼が、「ずっと分かっていた」と答えたので、笑えた。 私の態度が全てを現しているのだろう。 



私は、クーパー君の事でも子供たちの事でも120%支えていくタイプだ。 何から何まで、世話をするってわけでなく、地盤が固く支えていくタイプである。 クーパー君もそれが、見えたのだろう。 お節介焼きの私だが、彼は、自分の事は、全部自分でしないと気が済まないタイプ。 独立心が強いタイプ。 確かに楽と言えば、楽だけど。 自分の女にもそんなタイプを望むようだ。 



独立心の強い私には、彼にとっては、好きなタイプなんだろう。





これから、どうなるかなんて、分からない。 でも、彼の気持ちを知り、物凄い安堵感を感じた週末であった。 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

子供たちとドライビング

アメリカは、州によって、ドライビングの法律が違うのだが、ここノースカロライナでは、15歳に(正式には、14・5歳)なると仮免のテストを受ける為に正規のドライビングスクールに通わなければいけない。 高校を通してのドライビングスクールだから、もっと便利。



元主人が、高校生だった頃は、ドライビングスクールなど行く必要も無く、18歳以上のドライバーに運転の仕方を習い、ペーパーテストは、自分で勉強して、免許証を発行するDMVでペーパーテストと運転の試験を受けるというやり方だったらしい。



それが、いつの間にか、正規のドライビングスクールに通う事になったらしい。 当たり前と言えば、それまでだが、しかし、この夏に肝心なドライビングスクールの予算が、カットされるかもしれないと州の政府で大揉めだったのだ。



つまり、夏前後に15歳になった子供たちのドライビングスクールが、仮停止となっていたのだ。



アメリカの分からない(いや~アメリカだけで無いが)所は、肝心な大切な所を予算のカットをする所だ。



毎年、学校の予算をカットするのが、不思議でたまらない。 先生へのお給料が足りないから、先生をカット。 アシスタントもカット。 スクールバスの予算が無いから、カット。 そのくせ、子供たちに物凄く将来を期待している政府。



今回は、ドライビングスクールの予算が無いから、カットだと? 何でいつも子供たちの事で、予算が無いわけ?




話しが、ちょっとズレた。



つまり、例え、予算の検討中であっても、子供たちが、15歳になったので、そろそろドライビングの練習をした方がイイのかなと始めたドライビングの練習。



仮免許を取っても1年間は、大人と一緒に運転しなきゃいけないから、この調子だと17歳近くまで一人で運転出来ない計算になる。




運転は、慣れが大切と思うから、少しでも多くの時間を練習して貰いたい。



州の政府は、先週、やっと高校生のドライビングスクールの予算を賛成してくれた。 だから、この冬に仮免許を取るドライビングスクールへ通わせるつもり。



それまでは、私か元主人が隣に座り、運転を指導するのだ。 トランペットをやってる息子は、車が大好き。 だからかどうかは、知らないが、



『はい!』



とキーを渡した時から、まるで、初めて運転したと思えない程のスムースな運転。 しかも運転の練習をさせて貰うために宿題も一生懸命に終わらせるから、丁度良い。




フットボールの息子は、



『将来は、運転手付きの仕事をしたい。 』



と願っているので、運転には、余り興味が無いようだ。



本当に性格違うよね~~。 でも、もう運転する年齢なんだ・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

燃え上がるとやめれない

一度、目標を作ると絶対、最後まで諦めず物事を成し遂げるタイプの私。 あっ、ダイエットは、直ぐギブアップするけどね。



昔から、好きな事には、徹底して成し遂げるのが好き。



そこで、この世で一番苦手だったジョギング。




長年やったサイクリングのクラスを諦めるのは、勿体無かったが、時間帯が、イマイチで、帰りが7時過ぎ。



お腹を空かせて待ってる子供たちを思うと違うエクササイズに変えようと思い付いたのが、ジョギング。



春から始めて、今日に至っている。 始めは、5分も走れなかった。 でも、負けない根性は、いまだに在るから、諦めなかった。



そして、先週辺りから、4マイル(6・4キロ)を目安にジョギングを出来る様になった。 最後の方は、走るのと歩くのを交互に入れて。



正直言って、趣味らしい趣味もない私。 子供たちの事で忙しいせいもあって、時間の掛かるクラフトとかベーキングとかやっていれないし。 映画も最近、興味なくなった。



いつの間にか、人のブログを読むのとエクササイズが趣味になっている。



好きな人のブログを読んで、元気もらって、ニンマリ笑って。



ジョギングも同じ。 終わった後の達成感が気持ちイイ。



忙しい癖にこれだけは、譲れないのよ。



次は、5マイル (8キロ)目指して。



でも、どこから、どう見ても、ジョガーに見えないよね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あっという間の一週間

子供たちの学校が始まったと同時に私まで忙しくって。日本も同じなんだろうか?



とにかくアメリカの学校は、親も頑張らないといけない。 いや~別に親が頑張らなくてもイイんだろうけど、頑張った方が、子供たちの成績や性格に繋がると思う。




だから、アメリカの親たちもあれよこれよと子供たちの為に一生懸命なのだ。




うちは、一人が、マーチングバンド、もう一人が、フットボールをやってるから、当然ながら、木曜日と金曜日の夜は、ゲームの応援に行く。



たとえ、遠くの学校のゲームでも行くのだと---



しかし先週は、フットボールのゲームが、60キロ離れた高校であった。 流石の私も


『悪いけど、来年は、あの高校まで行かないわ。』


と既に断ってある。 片道40分掛けて行くのは、遠い! しかも、もう一人の息子が、バンドの練習を終えて帰ってくるのが、8時。 ゲームが終わって駆け足で、帰ったが、家に着くのは、9時。



それから、夕食の準備して、子供たちに宿題を急かせて、皆んなが、寝るのが、夜中の12時!



まあ、これは、一番大変な木曜日の夜。



金曜日の夜もゲームが終わるのは、10時過ぎ。



土曜日には、マーチングバンドのコンペがあって、帰るのが、夜中って事が多い息子。



起きて待っているのも大変。 もう一人の息子が、私の相手をしてくれるから、何とか起きていれる。



そんなこんなで、忙しくしているのだ。 まあ、一番大変なのは、子供たちだけどね。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お友達のお母様の変化

今朝は、ネットの調子が悪くって、モデムがおかしくなったのか、ネットが悪いのか、分からないままにタイムワーナーとモデムの会社に電話し、午前中がつぶれた。



大体、どちらも自分が、悪いと認めないからね。 どちらも故障していないと言う。 だったら、どうしてネットが繋がらないのよ。 ユーザーエラーか?




タイムワーナーは、何度も電話を掛けて気を使ってくれるのは、有難いが、正直言って、インド人或いは、パキスタン人のテクニカルサービスは、やめて欲しい。



テクニカルな事をインド訛りで言われてもよ~く理解出来ない私。 アメリカンと変われとも言えないしね。




結局、テクニシャンが、家に来てくれる事に。 でも、水曜日の夕方まで、ネット無しよ。




まあ、今週は、私一人だから、ネット無くっても良いけどね。 この際、溜まっている本でも読もうかな。



そうそう、書きたい事は、友達のお母様の変身振りだった。 ここ1~2年のうちに友達のお母様のアネットさんが、体重を落とし、素敵に変身していった。



歳は、70代。 段々と美しくなっていく。 身なりもキチンとしているし、お化粧もちゃんとしていて、本当に素敵。 ボーイフレンドもいると聞いた。



先日、私にテキストで、毎日、8キロから9キロ歩いていると言う。 食べ物もヘルシー志向で。



凄いなと思ったわ。 だって、私なんて、5キロ走って、体が痛いなんて嘆いている。 しかも、1日おきだよ。



毎日、8キロ歩いたほうが、効果あるだろうけど、これって、1時間半掛かるよね。 もっとかな? そこまで、時間の無い私です。



朝に45分間、歩いて、夕方にも45分間、歩けると良いのだろうけどね。 朝は、ただですら早く起きるのにこれ以上は、無理かな。 それに暗いから、怖いのだ。



それにしても、前からも素敵だったけど、70代でもっと素敵になったアネットさん、私も頑張ろうっと思ってる今日この頃です。



私も30年後も素敵でいたいわ。



フォトを載せれないのが、残念。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




長かった一週間

いきなり風邪気味になった火曜日。 しかし、そんな症状を感じると同時にホットレモンとローカルのハニーを朝一に飲み、何とか、喉痛で終わり、後は、鼻水くらい。



いつもは、咳が出始めて、これが、1ヶ月以上続くのにね。 やはり、ホットレモンとハニーのおかげだろうか?



まあ、風邪なんか引いている場合でも無いくらい仕事と私生活が忙しかった。



先週末は、3連休だったから、今週は、4日間の勤務。 つまり、5日分の仕事を4日間でするって事だ。 忙しいに決まってる。 しかも、同僚のC君もマネジャーも出張。



こんな時に限ってわけ分からない問題とか起こるんだから。



まあ、仕事は、好き勝手に出来る様になったから、忙しさを要領よく乗り切れば、後は、どーにでもなる。



風邪気味な時に限って、2日間連続のフットボールの試合を豪雨となり、半分、濡れて帰るありさま。



それに子供たちの送り迎えと妙に忙しかった。



ちなみに週末の朝は、簡単だが、バイトもしている。 慣れたから、家でちょっとの時間で出来るせいもあって辞めるに辞めれない。



今朝もバイトを終えて、思いっきり朝寝をもう一度したくらい疲れていた。



クーパー君は、ベガスに行ってるし、子供たちは、元主人の所だし、本来なら、私も遊びに行けばいいのにね~。 家です。



自分一人の時間って、いきなり有るとどうして使おうか迷ってるうちに終わるよね。 ダメな私。



それより、体力復活させる事が一番ね~。











喜んでいた母親

贈った花のアレンジメントが届いたと連絡が有った。


初めて貰ったものだから、お花を配達してくれた方に


『私宛で無いわよ。 間違いですよ。』



と断ったらしいです。



お花屋さんは、


『間違い無いですよ。 アメリカの娘さんからみたいです。』


と言うと母親宛と納得したらしい。



父親が、


『大きな立派な花だよ。 ユリが真ん中にドーンとあって、綺麗なアレンジメントだよ。』


と言っていた。 無事、きちんと届いて良かった。



母親は、余程嬉しかったのか、又、贈って欲しい様な事を仄かしていたなぁ。



今度は、クリスマスかお正月にかけて贈ってみよう。 ついでに1人暮らしの叔母さんにも贈ってみよう。 叔母さんには、小さい頃から、お世話になった一番好きな叔母さんだ。



でも、いざ贈ろうと思った時に気がついたのは、母親や叔母さんの好みの花や色なんて、全く知らない事だ。



叔母さんなんて、お花が好きで、沢山、庭に咲かせていたのに思い出せもしない。 母親って、どんな色が好きなんだろうか?



この際、聞いてみよう。 贈るなら、好きな花を贈ってあげたいからね。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ブログ友達と初デート

ブログで知り合ったChachaさんは、やっぱり近くに住んでいるせいか、始めから、親密感も多かったが、今回、初めてお会いして、益々、彼女を気に入ってしまった。



ただ、ブログを読むだけでなく、会った方が良いとタイレストランで、ランチを今日する事に。



ブログの印象通りで、優しくって、化粧っ気無しで、お目々がパッチリ美女。 お淑やかだが、関西弁も出てきたりして、楽しく2時間半も色々とお話が出来た。



波瀾万丈の人生を生きてきた人とは、思えない程、今では、落ち着いた(?)素敵なナースさんを務めている。



この世の中、色んな人がいる。 やっぱり、アメリカに限らず、なんかの縁で海外に住む様になる人って、ここにたどり着くまで、色んな経験をしているなぁって思う。



そして、私達の年代女性って、強いよねと改めて思った。



今度、もっとChachaさんの事を知ってみたいなぁと思った1日でした。



お互いネコ大好きだしね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




初めてのお花の贈り物

来週は、母の70歳の誕生日がある。


今まで、電話するくらいで、他に何もやってあげた事がない。 結婚していた時は、本当にお金がなかったから、贈り物なんて余裕が無かった。



でも、一人になって、3年目あたりから貯金と余裕が出来るようになり、去年は、現金で子供たちを連れて日本に帰り、親に使わなかったお金を全て渡す事まで出来た。



父親は、頑固と受け取らなかったが、母親は、


『嬉しい!』


と素直に受け取ってくれた。



電話する度にもう一人娘がいたら良かったのにという母親。 日本にもう二度と住むつもりのない私。



母親は、食べ物や物を貰っても喜んでくれないタイプだから、何をあげるか迷った。



でも、同じくブログをしてるChachaさんの過去のブログで、Chachaさんが、お母様に花を送っているのを読んだ事がある。



その時、『これだ!!!』



と思い、送る日を楽しみにしていた。



日本でのお花の配達の幾つかの会社を見たが、正直言って、アメリカのように花を他人にプレゼントする歴史が、長い国のサイトと比べると、花のアレンジメントが余りにもダサくってビックリ。



確かにアメリカと比べれば、値段的に手頃だったくらいで、後は、地味すぎ。 同僚にも意見を聞いてみたが、驚いていた!



やっぱり日本って、可愛さを基準にするからだろうか?



でも、見つけたよ。 華やかで、元気が出そうなアレンジメントを。






カーネーションが無い方が、イイけどね~。 お正月を思い出す感じもしないでも無いが、これなら、母親も元気が出そうだ。



頼んだお花屋さん、これに近く作ってね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして30年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で9年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事