Entries

もう一人の息子

昨日は、フットボールをやってる息子(お兄ちゃん)の事を書いた。 1分違いで産まれたもう一人の息子(弟くん)は、マーチングバンドで、トランペットを吹いている。


この息子は、小さい時から、その場のムード作りが上手だった。 誰からも好かれやすい優しい性格で、みんなに気配り上手な息子。



お兄ちゃんに物を取られたりしながら、育ってきたけど、それを軽く流して、本気で頭に来た時に大喧嘩するくらい。 後は、いつも通りの仲良し。 彼のおおらかな性格のおかげ。



いつもお兄ちゃんに負け気味だったが、ミドルスクールに入った時に


『吹奏楽部で、トランペットを弾きたい!』


と自分のやりたい道を見つけた。 お兄ちゃんと別行動することによって、自分にしかない何かを見つけたかったのかもしれない。 或いは、お兄ちゃん無しで、輝きたかったのかもしれない。



初めは、3日坊主で飽きるだろうと思ったら、全く違った。 そして、初めて、手に取ったトランペットを直ぐにマスターした。 しかも驚いたのが、一度、曲を聴くとトランペットを弾けることだった。


私に絶対無いタレントを持っている彼。



そして、きちんとしているお兄ちゃんと比べるとかなり、マイペース。



どちらかと言うとお兄ちゃんと私の性格が似ているが、この弟くんは、元主人に似ているのだろう。



お兄ちゃんは、オールAの成績を取っても



『どうして、Aプラスじゃないのか? 先生の性格が悪い。』


と文句を言うタイプだが、弟くんは、



『見て! AとBとCが、あって、クラスをパスしたから、ハッピー。』



と言うタイプ。



この二人を育ててから、私自身が、物凄く成長したなと思う今日この頃。



息子たちよ---ありがとう。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

こうやって大人になって行くんだ

息子達は、先月15歳になったばかり。


双子だが、性格が違う二人。 どちらも色んな面で可愛い二人。 やはり、男の子って、母親との関係を大切にするのか、何でも言ってくれる。


特にフットボールをやってる息子は、私に色んな事を話してくれる。 そんな彼は、どうも父親にちょっぴり不満を抱いてるようだ。



中々、二人きりで話す時間が持てないが、なるべく車での移動中を利用して話す事が多い。 後は、彼の方から、私の隣にやって来た時が、話す時間だという合図だろうと話すようにしてる。



そんな彼が、フットボールのチームの為の支援活動をするにあたって、父親に協力をお願いしたのだ。 父親(元主人)は、喜んで引き受けた・・・とここまでは、良いのだが、この後がいけない。



つまり、それから進まないのだ。



息子は、父親に何日も待たされ、何時間も遅れられ、やっと手伝ってくれるのかと思えば、ちょっとの時間しかなく、半分で終わり。



残りのツケが、私に回ってくる。



この支援活動がそうだった。



息子の機嫌が悪くなるばかりか、私に


『どうして、離婚したのか分かるかも。 ダディーは、他人の事になると何もかも放り出して、何でもするが、家族の事は、いつも後回し。 Priorityの順番が間違ってるんだよ。』


と言うでないの。 見ていないようで見てるのね。



『口先だけのダディーは、いつも中途半端に僕らの事を終わらせる。 ママの事もそうだっただよね。』


とまで、言って来た。



言いたいだけ言わせてあげようと話を聞いていた。 段々、色んな事に気が付き、こうやって大人になって行くんだろうね。



元主人にも良い所が、沢山ある。 社交的で、沢山の人達から慕われている。 でも、本当に家族の事となると後回しなんだよね。 子供たちの事も一生懸命なんだけど、自分の都合のいい様に一生懸命だから、裏目にでるんだろう。



そして、この息子、今週は、日曜日まで、バージニア州の生活に困っているファーマー達のお手伝いに数人のティーン達と出掛けてます。 偉いよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

いまさらですが、冬のソナタ

もう、12-3年くらい前に

『冬のソナタ』

の韓国のドラマが、日本で大人気だった。(と聞いた)



韓国に興味のない私には、当時、友達から聞いても何の事???? どこで、どう私の手元に冬のソナタの本が舞い込んで来たのか、覚えていないが、活字が大好きな私は、その本を読んだのを覚えている。 今も本棚の何処かに眠ってるはず。



それで、今回、Hulu Plusで、『冬のソナタ』をみつけたので、よせば良いのに観てしまったのだ。



20エピソードもあって、毎エピソードが、1時間8分と長いのだ。





いや~、このドラマが、韓国ドラマの代表なら、もう2度と韓国ドラマは、観ないです。 正直ですみません。



余りにもストーリーが、子供じみて、私の方がビックリしました。 手も握らない様なラブストーリー構成が、不自然で、純愛っていうより、いつまでフラフラしてんだよ!!! って、感じ。 次から次からやって来る不運に一体、何年こんな事してるの? いつまでも続く冬。 言いたい事をハッキリ言わない焦ったさ。




これが、日本での韓国ドラマのブームの発端と聞き、もっとビックリ。 なぜ???



これだったら、40年くらい前の日本のドラマの方が、もっと味があるよ。



今も韓国ドラマ流行ってるのかな?



不思議。 私とは、きっと相性が悪いのだろう。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

こんなに快適に眠れた夜って、何年ぶり?

昨日、クーパー君と妹さん(33歳)と彼女の赤ちゃん(9ヶ月)とショッピングに行ってきました。


基本的にデパート以外のショッピングが好きでない私。 つまり、モールにある店や小さなブティックなどでのショッピングが苦手なんです。  



しかし、クーパー君の妹さんは、3人の小さい子供を持っているので、中々、ショッピングに出掛ける機会が無いらしい。 しかし、子供を3人産んで、着れる服がなくなったから、ショッピングが必要と言う。 一応、言っておくが、3人の子持ちには、見えないほどスタイルが良い。 私よりスレンダーで、脚も長く、美人系。  



そこで、調子者の私が、『赤ちゃんの面倒は、私が見てあげるよ! 一緒に行こう!』 と上の2人の子供さんをクーパー君の母親に預け、赤ちゃんを連れて買い物に行く事に。 私だって、過去に赤ちゃんを育てた経験がある。 しかも、双子だ。  一人なんて簡単だよ! それにクーパー君もいるから、大丈夫だろうと強気で行く事に。 それにクーパー君の妹の赤ちゃん、私にも喜んで抱かれてくるし。 (そこが、間違いの元・・・)



午後12時くらいConcordにある大きなモールに到着。 ここも私がショッピングに絶対行かない地域。 Red Neckが多いのとなんだか、冴えないモールだからだ。 しかし、人気があり、観光スポットとして、観光バスが止まり、観光客がショッピングに来るらしい (信じられない!!!) まあ、人気のある店があるから。  そして、33歳の妹さんには、LoftやAnn TaylorやLimitedやExpressなど行きたい所ばかりが揃っている。



ベビーカーに赤ちゃんを乗せて、笑顔で出発! 私が、ベビーカーを押せば、妹さんも欲しいものを選べるだろうと思い提案。 もちろん、彼女は、喜んでお買い物。 私もベビーカーに荷物を乗せれるからと私にとっても楽と考えていた。 赤ちゃんだって、ご機嫌。 


そこで気が付いたのだが、赤ちゃんを抱っこしてると皆、親切なのだ。 私と眼が合う度に皆、ニッコリと笑ってくれるか、話しかけてくる。 おおおお~~~懐かしい日々を思い出した。 しかも、今回は、ブロンドヘアーにブルーアイズの赤ちゃんを連れてるから、私の顔と見比べているのかもしれない。 何か違うよね・・とか? それでも、クーパー君が横にいると安心した顔して、笑顔で皆去っていくのだが。 笑 



しかし、雲行きが段々と怪しくなってきたのが、午後1時を過ぎた頃。 お昼寝近くだったのだろう。 赤ちゃんが、半分、涙顔。 クーパー君とベンチに座り、ベビーカーから、赤ちゃんを降ろしてあやし始めることに。 人も多いし、大きなスクリーンが、色んなコマーシャルを流しているので、それで、誤魔化しながら、


『泣かないでね~~』


と赤ちゃんのご機嫌を取る事に。 どうみても眠たい涙顔と勝手に判断して、赤ちゃんを眠らせることに。 まずは、ミルクを与えてみた。 物凄い勢いで、飲み干したので、私の眼が点になったよ!!! ミルクで眠りに付くと考えていたのに。 甘かったな。 9ヶ月の赤ちゃんは、そう簡単には、眠ってくれないらしい。 



それに赤ちゃんって、好きな眠り方法ってあるわけでしょ。 抱っこかな? それとも私の体に近づけて、安心感がいるのかな? ブランケットがいるのか? 何か安心できる物がいるのかな? クーパー君は、自分の子供でないから知らないと言うし!!!



ベビーカーにもう一度乗せて、同じ揺れを繰り返すと眠りに入るかな??? なんて、思いつきやってみた。 眠りに入るまで、15分くらい掛かったよ~~~。



妹さんにショッピングさせてあげて、私たちは、眠っている赤ちゃんを連れて、ランチを食べに行く事に。 しかし、何処も凄く込んでいる。  ヒェ~~。


私たちが、ランチを食べ始めるのに45分近く掛かり、赤ちゃんも目が覚めた。 (どうして、そんなに早く目覚めるの?) でも、眠り足りなかったんだろう、不機嫌そう。 泣きは、しないのだが、不満そうな顔している。 そのうちに妹さんが来て、オムツを替えて、これで、ご機嫌だろうと再び、ショッピングに出かける事に。 Loftに行くと言うので、クーパー君が、


『俺が赤ちゃんを見てるから、君も行くといいよ。』


と言うので、Loftに入ってみることに。 しかし、Loftでショッピングしない私には、どれもコンサバで、同じにみえるのよね。 多分、彼の仕事柄、彼の周りの女性は、LoftやAnn Taylorの服を着ている人が多いのだろう。 だから、多分、彼もそんな洋服を着た女性が好みなのか???? 私に

『これ、君に似合うよ!』
『この色、良いと思うよ!』


といつに無く言ってくる。 


茄子の色のカーディガン。 上品過ぎない? こんなの着た事ないわ。  茶とピーチのトップに濃い茶に近いマルーン色のカーディガンを合わせた洋服。 大人だ・・・。  しかし、しかし、着てみたが、意外としっくりと似合っていた。 彼は、


俺が薦めるのに間違いないよ!』 


と笑っていた。 赤ちゃんもご機嫌。 私でもこんな上品な色の洋服が着れるのか・・・と調子になってジーンズを一着も持っていない私が、ジーンズまで手に取り、値札を見て、


『ねえ、$40って、高くない? ジーンズが好きでもないのに$40高いよね。』


とクーパー君に言いながら、赤ちゃんのご機嫌を取ろうとほっぺに触った途端に大声で、ギャ~~~と泣き喚き始めた!!!! うそ~~~。


クーパー君は、


『ほらっ、大きな声で値段が高いなんていうから、赤ちゃんも自分の事かと思って、泣き始めたんだよ。』


とクックッと笑っている。 一度泣き始めると赤ちゃんって者は、中々、泣くのを辞めてくれないのを承知のクーパー君は、赤ちゃん連れて、店の外にいったん出てくれた。 買い物を終わって、私が出てくるとまだ、何となくしっくり来ない顔の赤ちゃん。 でも、何とか機嫌だけは、直してくれたみたいでホッ。


かれこれ、妹さんのショッピング終わるまでの4時間半。 赤ちゃんと一緒でしたよ。


ショッピングが終わる頃には、妹さんに感謝され、家に帰るとクーパー君のお母さんからも有難うって言われ、大した事していないんだが、無事に赤ちゃんの面倒を見れて、私まで、ちょっとだかショッピングも出来て上出来。



しかも、昨夜は、11時から7時まで、ぐっすり眠れた。 こんなに熟睡できたのは、何年ぶりだろうか? エクササイズするより、体力的には、疲れていなかったのだが、精神的に疲れていたのか? これからもたまには、他人の赤ちゃんでも面倒をみるべきか? そうすれば、私の眠れない夜が少なくなるのだろうか? 笑



こうして、無事にクーパー君の家の人たちと打ち解けて、楽しい週末を過ごしました。 しかし、クーパー君の家の中は、大変な事になっていた。 色んなものが、色んなところにあり。 キッチンも物で埋まっていた。 きっと、クーパー君は、皆がインディアナ州に戻る今日、静かに平和になるのを待っているだろうな。 猫2匹も・・・。 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



  


クーパー君のご家族と一緒に過ごした夜

水曜日の夜から、クーパー君のご両親と妹さんと妹さんの子供たちが、インディアナ州から遊びに来ている。


ご両親と何回かお会いしてるが、妹さんや子供さん達とは、会ったことが、まだ無かった。



それで、クーパー君のお母様が、昨夜、皆んなで夕食を食べに行くから、おいでと誘ってくれた。 妹さんの旦那さんは、仕事でこちらへ来れなかったので、お会い出来ないが、妹さんと妹さんの子供さん達、9歳、5歳、そして、9ヶ月と初対面!



ご両親は、相変わらずフレンドリー。 それに輪をかけた様にまずは、5歳児の女の子のゾーイちゃんが、抱きついてきた。


『Kiiiikoooo!!!!』


とそれに続き、クーパー君の息子リアム君とゾーイちゃんのお兄ちゃんのキーガン君も抱きついて来た。



子供を持ってから分かったのが、子供って人見知りするから、(私の子供たちが、小さい頃は、若いお姉さんには、喜んでくれたが、近所のおばちゃんたちには、寄り付きもしなかった)それを知ってるので私の方から、他人の子供たちを可愛いと寄り付いたりしない。


しかし、それに反する様に皆んな、まるで、昔から私の事を知ってる様に喜んで飛びついてきた。



そして、まだ、33歳の妹さんも私とずっと仲良しだった様に接してくれた。 赤ちゃんまで!


本当にクーパー君のご家族と思ったひと時??? 笑


皆んなで、夕食を食べに行き、楽しい時間を過ごした。



そして、クーパー君の家に戻ってから、妹さんが、


『土曜日、一緒にショッピングに行こうね~』


と誘ってくれた。 又、皆んなと一緒に過ごせるのね。 私が家に帰る頃には、5歳のゾーイちゃんが、


『えええっ??? Ki-ko、もう帰るの? 』


と嘆いていたが、ママから


『土曜日に又、来てくれるって!』


と言われると眼を丸くして、喜んでいた。カワイイよね。 こんなにカワイイのなら、いくらでも相手にしてあげるわ。


それにしてもクーパー君の妹さん、小さい子供たちを抱えて、大変そうだったなぁ。 赤ちゃん、良く動くし、ゾーイちゃんもまだ、小さいし、キョロキョロしてるしね~。 お兄ちゃんだって、9歳。 まだ、甘えたいだろうし。



近くに住んでれば、いくらでもベイビーシッターしてあげるけどね。 いや、でもクーパー君が嫌がるだろう。 笑

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

6週間ぶりのヘアーカラーとカットでの出来事

Aveda Instituteで、6週間おきにヘアーカラーをタッチアップしてもらっている。つまり、生徒さんが、スタイリストです。



6週間も行かないと毛の根元のグレイヘアーが気になってしょうがないのだ。 誰も気が付かないと言うけど、私には、ハッキリと見えるグレイヘアー。



以前は、自分でやっていたが、やはり、サロンでやってもらうような美しい色が出来ない。



私の顔立ちと肌の色には、真っ黒いヘアーが似合わない。 過去に黒くカラーを入れたら、


『どうしたの? 病気?』


と聞かれたり、


『何かあった? 悲しそうだけど。』


と言われた。


それで、色々、試してみた。 2ー3年前にハイライトを入れた事もある。 確かに気に入ったが、やはり、お金と時間が掛かるから、今は、ブラウンで落ち着いてる。



それで、昨夜、サロンの椅子に座ると隣の生徒さんが、話し掛けて来た。


『あんた、何人? 私、ベトナム人よ。』


と親しげに聞くから、


『日本人よ。』


と答えた瞬間、彼女は、目をまん丸くして、


『ウソ!!! どこから見ても日本人に見えん。 日本人の顔立ちじゃあないわ。 色々と混じってるの?』


と聞かれ、


『日本人。』


と無愛想に答えると


『あんた、違うよ。 絶対、違う。日本人じゃあないわ。』


とあからさまに拒否され、私の方が、腹たってきた。 日本人から、日本人っぽくないと言われても腹立たないのに。 違う国の人間から言われるとこんなにムッと来るのは、なぜ??



私の担当の生徒さんは、マズイと思ったのか、椅子を反対に回して、ベトナム人の生徒を無視。



しかし、この彼女、よほど納得がいかなかったのか、ずっと私の方を見ていた。 そんなに日本人離れしてるのか? まあ、体型は、認めるよ。 過去に銀座のママみたいとか、八代亜紀に似てるとか、姐さんとか言われた事があるけど。



一体、私を何人と思ったのだろうか?



まあ、出来上がりは、良かったので、すっかり、何を言われたのかもその頃には、覚えてもいなかったが。


変でしょ~~?

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




ケリーと彼女の家族と過ごした夜

ケリーが、子供たちを連れて、ペンシルバニア州から、お母さんの家に遊びに来ている。 お母さんの家は、私の所から、歩いて1分くらい。


それで、昨夜、いきなり夜ごはんに招待された。 ケリーの息子さんは、お友達の所だから、ケリーとお母さんとケリーの娘さんのニナちゃんと4人で、ペラペラお話しして、御飯食べて楽しかったです。



ケリーのお母さんの家に7時に招待されていたので、仕事の帰りに大急ぎで、スーパーに寄って、バナナを買って、バナナブレッドを焼きました。



手ぶらで行くのも気が引けたし、1時間半あれば、出来るからね~。




ニナちゃんは、15歳だけど、落ち着いていて私達との会話もエンジョイしてくれた。



ケリーとは、子供たちの学校を通して友達になった。 かれこれ、10年前だ。 彼女は、日本人の旦那様を持っている。 ジョークで、



『何を思って、日本人の男性と結婚したの!?』 (日本人の男性の批判では、ありませんよ。)


と私が話し掛けた事から、仲良くなった。



『私も分からないわ~~。』



と返してきた。



ケリーの旦那さん、ケリーと家族の為に一生懸命で、いつ会っても私を笑わせてくれ、好きな家族です。



ペンシルバニア州に引っ越した事が、残念。 でも、将来帰って来るので、それまで待つわ。 彼女達も私と同じくノースカロライナ州が、大好き人間達だものね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Trainwreck

久しぶりに映画館で、映画を観に行った。


クーパー君も私もAmy Schumerのファン。






なので、当然、彼女の初めての映画「Trainwreck」を観に行ってきた。





彼女は、男しか口にしなかった課題をどんどんジョークを飛ばし、自分のセックスライフだけでなく、他人にも突っ込んで話すコメディアン。



隠す事なくカラッとしていて、大好きなタイプ。



この映画も現代の若い人たちの性生活とキャリアを女性の眼から見た話しで、ああ分かるよね~~となる。


ただ、最後が、余りにもあっけなく終わったのが、残念。


何も考えなくて、軽いノリが好きなら、この映画オススメです。 お堅い方には、勧めませんよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

のんびり週末開始

子供たちが、ノースカロライナ州のWilmingtonに住む元主人の妹さん夫婦の所へ1週間のバケーションに出掛けた。



夏休みの長い子供たちだが、これから本格的にフットボールのシーズンとマーチングバンドのシーズンが始まる。 シーズンが始まると子供たちの姿を見る事がない。 マーチングバンドの練習は、1日12時間と過酷。 朝7時から始まって、帰りは、夜の7時過ぎ。



フットボールは、どうなんだろうか? 今は、朝7時から9時の2時間だけど、これからもっと増えるんだろう。



その過酷なスケジュール前に子供たちにもう一回のバケーションをと出掛けた。



それで、私は、のんびりとクーパー君と過ごしているのだが。



何でも出来るクーパー君が、珍しく私に


『これ作って』


と先週テキストを送ってきた。



子供たちとクーパー君のお願いに弱い私。 まあ、ベーキングなら嫌とは、言えないよね~。 作るのは、嫌いでないし。 昔は、良く作った。 今、作らないのは、体型が気になるからだ。






今朝の自信作が、上のフォト。


ハムやチーズや玉ねぎが、入った男性が好きそうなマフィン。 半分に割るとゆで卵が、入っている。





満足度が高いマフィン。 クーパー君が美味しそうに食べていたのを見て、私も満足。



子供たちにも作ってあげようっと。



こんなノンビリとした土曜日の朝が、大好き。 クーパー君の家の猫ちゃんも私の膝の上。 まあ、クーパー君の膝の上が空いていないから、私の膝の上ってことなんですが。



可愛いから、代用でもイイのよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今週は、疲れっぱなし

今週は、良く眠れない3晩を過ごした為、疲れてるわ。



だからと言って、エクササイズすれば、程よく疲れて眠れるなんて事は、無い。 多分、毎日のようにジムに通っているから、体も慣れて、程よく疲れて眠れるなんて事は、あり得なくなってしまったのだと思う。


まあ、子供たちが産まれてから、グッスリ眠ったなんて事ないけどね。



別に悩み事なんて無い。 仕事も上手くいってるし、子供たちとも仲良くしている。 クーパー君とも上手くいってる。元主人とも上手くいってる。



ディナーも控え目にしてる。 満腹で寝る事が出来ないのを避けて。 これだけ気を使ってるのにね~。 カフェインも朝のコーヒー一杯以外は、飲まないのに。



ところで、今週末から子供たちは、海辺に住む元主人の妹さん夫婦の家に一週間遊びに行く。



その間に少しでも睡眠を確保しておきたい。



今晩から、3日間、クーパー君と過ごせるのが、楽しみ。 別に何か特別な事をするわけで無いけど、今週一週間の出来事を話したり、何気無い事をして過ごせるのが一番。



今夜こそ、グッスリ眠れたい。 良い方法あったら、誰か教えてね~。


Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして30年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で9年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事