Entries

毎月の出費

5月最後の日だから、今月の出費をザッと見てみた。細かい事まで気にしないが、一応、1ヶ月の食費代を500ドルの予定。



「素敵な奥さん」とかの日本の雑誌に載ってる素敵な奥さん達のような「毎月のやりくりが2万円以下!」なんて、どうやってそうなる訳? といつも思う。だって、何時も予算以上になってしまう。



月に2週間、子供たちが居て、残りの2週間は、私だけ。 子供たちがいる時は、外食無しと言うか、子供たちは、私の作った物がイイと言うので、子供たちとは、外食は殆どしない。



この食費代には、外食と雑貨も入っている。



今月は、620ドルの食費代出費。予算を遥かに超えてる。



毎月の生活費の出費は、2,700ドルくらい。 残りのお給料は、全て、貯金するようにしている。 しかし何かと余計な出費がある物だ。



ただし、うちの子供達には、余りお金が掛かっていない。 あれこれ欲しがらないし、ブランド物の洋服を嫌っている。 おこずかいも欲しがらない。



女の子と違い沢山、靴も要らないし、洋服だって簡単。 シャツとパンツだけ。 シャツは、殆ど子供達のおばあちゃんや叔母さんが、買ってくれてる。 私が、買うのは、ショートパンツやジーンズくらい。



月に1回、日本のスーパーで、好きなオヤツを買ってあげる。



でも、子供たちが、大学に行く頃は、とにかくお金が掛かり、バケーションなんかに行けないと聞く。 悲



だから、少しでも貯金出来る時にするようにしているのだが。 💰💰💰



って事は、出費の原因は、私か。
スポンサーサイト

8週間のジョギングトレーニング完了

今日で、8週間のジョギングトレーニングを完了した。



最後トレーニング日は、30分間のジョギング。




出来るようになったのは、イイが、ジョギングは、やはり向いていないのか、左脚とお尻の付け根が痛い。



土曜日だと言うのに朝早く起きて、ちょっと仕事をして、息子の1人を出掛け先に送って行き、その後ジムへ直行。



走ってる間は、痛くない。



終わって、ウエイトトレーニングをして、クールダウンのヨガをやってる辺りから、痛み出す。



午後は、痛み止めを飲んだせいか、3時間もの昼寝をエンジョイ。 まあ、昨夜、眠れなかったからしょうがない。



ジョギングを断念するべきなのか? あれだけ、嫌いだった筈のジョギングなのに辞めるのが、惜しい。 1日おきを目安にやっていたのだが。 脚が痛いのには、堪える。 しかも、ジョギングしてる時は、痛くないのに。 ソファーに座ると駄目。



だから、ジョギングを辞めて、大嫌いなズンバのレッスンに挑戦しようかとも思ってる。 嫌いだったジョギングが出来るようになったから、ズンバも出来るようになるかもしれないと。



目標を持ち、制覇していくのが、好きな私だから、何かないとね~。 それにしても体が痛くならないエクササイズないのかな?

歳だよね

さすが、イベント事が数日続き、外食をランチとディナーと水曜日からしていたせいか、胃が重いのと脚とお尻の付け根が痛い。



ジョギングを水曜日からやっていないからなのか? それともジョギングがやはり向いていないからなのか?



痛いのを無理して、エクササイズして、痛み挽回するべきとも考えている。



でも、若くないからね~~。 ムリか?



そうだ、昨夜、バンドのパーティで、同じテーブルになったご夫婦には、15歳の娘さんと19カ月の赤ちゃんがいた。 大きな年齢の差。



奥さんの方は、多分、38歳くらいだろう。 赤ちゃんがいてもおかしくない年齢。



その彼女。 何を思ったのか、私に



『もう1人産まないの?』



と聞いてきた。



『はあ? とんでもない。 もう、ムリムリ。』



と答えたら、



『私たちもそう思っていたのよ。 でも、分からないものよ!』



と言ってくる。 この奥さん、一体、私を幾つと思っているのだ?



確かにアメリカ人の眼から見れば、皆んな、私を30後半と思ってる人が、95パーセントぐらい。 彼女もこの1人か?



若く見られるって嬉しいけど・・・。



『いや~、年齢的にムリですわ。 産める歳でないですよ。』



と答えると彼女の眼が、テンとなってました。 そして、旦那さんが、話題を変えましたよ。 笑



ああ~胃が重い。 体が、痛い。 やっぱり、元気出して、ジムに行ってこよう。

現代のアメリカの高校生

今夜は、息子の1人のバンドの年末パーティが有った。 各部門(吹奏楽部とマーチングバンドとジャズバンド)の生徒達と親達、皆んな集まってのパーティだから、かなりの人数。


どの高校生たちもみんな輝いて見えた。



特に卒業する4年生は、これから新たに大学などに進み、大人の階段を一歩登り始めたせいか、とても輝いて見えた。





現代のアメリカの高校生は、みんな好きなように自分を表現する事が、自由にできるせいか、生き生きとしてるように見える。







音楽関係だからかもしれないが、誰に何を思われようと気にせずに生きている高校生を何人も見た。



私の子供たちは、どちらかと言うと保守的。 ブランド物やオシャレにそれほど気を使うわけではないが、やはり、人目を気にしていることは、確か。



これからが、高校生活をもっとエンジョイできる時期になる。


子供たち2人、色んなことを学び、色んなことを体験して、思いっきり高校生活を楽しんでもらいたい。



アメリカの高校生活をやってみたかったな。

久々の木曜日のデート

今夜は、久しぶりに木曜日の夜だと言うのにクーパー君とデートがあった。


普通の日の夜は、会うことがほとんどない。 彼は、仕事が忙しいし、子供のいる夜は、会えない。



でも、先週末に私が彼の家のお庭の手入れを手伝ったお礼として、今夜、ブラジルのレストランに連れて行ってくれた。



大体、お庭の手入れなんて、私の長いアメリカ生活でも2-3回した事有るくらい。 正直言って苦手なのよ。 綺麗なお花や庭は、大好きだけど、自分が手入れするとなるとね~。



庭の手入れと掃除って、物凄く体力がいる。 アメリカの庭は、日本の庭と違って、大きすぎる。 しかも、虫に弱いんで、長袖、ロングパンツ姿だから、物凄い汗。



ジョギングするより辛い。



いつの間にか、デートの話しじゃなくって、庭の手入れのブログになっている。 💦💦💦



だから、デートの話に戻して、今夜行ったブラジルのレストランは、お肉食べ放題とバイキング式のサラダ食べ放題。 サラダバーは、ものすごい数の野菜が置いてある。 そして、いろんなお肉が次から次へとテーブルに持ち運ばれて、好きなだけ食べるという方式だ。



お肉が好きな人には、もってこいのレストラン。 だから、サラダバーでは、控え目にしないと肝心のお肉が食べれなくなるよ~。



でもね、あんまりガツガツお肉を食べるのもロマンチックじゃないから、デートには不向きなのかもしれない。 笑



ここに来るのは、もう何度もデートを重ねているカップルに限る。



このレストランで思い出すのは、ロシア系の女性のお肉の食べっぷりが凄い事だ。



去年、ロシア系の友達のベイビーシャワーに行った時に選ばれたのがこのレストラン。



ロシア系の女性は、25人位いたかな。 後は、アメリカ人女性3人と私。 ロシア系の女性たちは、2時間位ずっとお肉を食べ続けていた。 その姿を見てアメリカ人達と私は、目が点になった。


さすが、肉食の国で育ったロシア人たち。 サラダバーには、目もくれていなかった。



これで、ヴォッカをガブガブ飲んでいたら、もっと凄かっただろうなぁ。



また、話がずれた。 だって、書きたいことがいっぱいあるんだもの。



とにかく、デートは楽しく終わりました。 沢山、いろんなことを話して、一緒に居て本当に面白い人です。 話しのネタも尽きないもの。


来週末は、マレーシアのレストランで、持ち帰りのディナーで、金曜の夜を迎えます。 まだ、今週の金曜日も始まっていないのにね~。 笑

ニューヨーク旅行

子供達が、夏休みに入るまで、後2週間。 高校生活1年目が、もうすぐ終わるなんて時間の経つのが早い。



夏休みに入ったら、子供たちと3人で、ニューヨーク旅行をするのだが、その予定を組むのに考案中。



子供たちは、ニューヨークに行ったことがないので、とにかく人気の穴場を全て満喫させようと思ってる。



5日間いるので、一応ニューヨーク全部を見れると思う。



子供たちの希望として、ラーメンバーガーを食べたいと言う。




ラーメンにバーガーが入ってる? 美味しいのだろうか? でもどちらも子供たちの好きな食べ物だ。



後は、恒例のエンパイアステートビルディング、メトロポリタン美術館、9/11メモリアル美術館、自由の女神などを観れるCityPassを買う事も考えている。


大人114ドルで、子供達は、1人89ドルのCitiPASS。 決して安くないが、買うだけの価値が有るかも。


このパスを持ってるとチケットを買う事ないから、準備待ち無し。 上記の場所、何処に入るのも1人25-35ドルかかるとの事で、お得かな?


後は、地下鉄とバスのパスを買えば、色んな場所に移動簡単だし。



ティーンの子供達だから、そんなに美術館とか巡ったりしたく無いだろうから、重要な場所を観れば、後は、自由という事で。



それより、食事が一番大切かな。



私としては、カフェで、コーヒー飲んで、人の見学が好きかな。 ショッピングは、好きだけど、今では、何処に住んでいても手に入る物ばかりだから、ウインドーショッピングだけで、終わりそう。



美味しい所を探してみよう。

日本に住む親

この前、日本人の友達のあづささんが、歳を取ってきた親を思い、日本に帰国して住もうかなぁと言っていた。



最近、私の親と話すたびに親がだんだん歳をとってきて、何となく寂しそうにしているのが分かる。



今日も母親が、電話で、


「もう1人娘が居たら、良かったのに。」


と言ってきた。



私の苦手な課題だ。



「親不孝でごめんなさい。」


と言うべきなのか、それとも


「そうだよね。」


と言うべきなのか、どちらにしても答えのないことだ。 いつも母親が言いたいように言わせてる。そして、私の役目は、それを聞くだけ。



私の母親は、昔から私の気持ちなんて全く考えずに好きなことを言ってくる。 いつだったか覚えていないが、母親の役目がいつの間にか、交代していた。


私が相談事を言っても、


「あなたの言ってることって難しすぎてわからないわ。」


「一体、あなたってどこから生まれてきたのかしらね?」


と言われたものだ。



1番忘れられないのは、


「若い子が溜め息するなんておかしいわ。悩み事なんて若い子は、無いものなのよ。」


とよく言われた。



だから、母親には、ある程度の年齢になってから相談事なんてしたことなかった。 それどころか、高校卒業したら絶対家を出ると思っていた。しかも、日本国内じゃぁ近すぎると思って、アメリカに来た。


それ以来、母親には1度も悩みことなんて言ったことない。


ここで、母親の悪口を言ってるわけで無い。


私たち2人は、お互いが余りにも違いすぎて、お互いを理解出来無いのである。性格も全く違うのだ。 お互いまるで、違う惑星から生まれた人物のようだ。


ただ、お互いわかっているのは、私が日本に移住する事は、無いし、母もそれは、わかっている事だ。



母親が、歳をとって弱っていくのは、現実。 そして、母親は、いつもネガティブ派。


「もうどこにも行けない体だから、楽しみなんて何もないわ。生きててもしょうがないわ。」



いつもこの会話から始まる。


そして、究極に


「もう死にたいと何度も思うけど、あんたと孫たちを思うとね、いつも写真に挨拶してるのよ。」


と言われる。


母親は、幸せの作り方を知らなかった人だと思う。 いつも自分が不幸の中に生きている人だった。



今後も母親には、私の事は一切言うつもりはない。 私が、アメリカでどれだけ苦労してきたか、今は、どれだけ楽に生きてるかなんて、今さら言ってもわかってくれる人でないから。 多分、興味もないと思う。



だから、私の役目は、母親の話を電話で聞いてあげるだけ。



電話をすると、子供のように喜んでくれる。



せめて、父親が、ネガティブでないことが救いだ。

3連休って好きかも

当たり前だけど、3連休が大好き。



だって、3連休が明けるとたったの4日間しか会社に行かなくて済む。 そんなわけで、3連休が大好きと単純な理由。



しかも3連休あると2日間ゆっくりして、あと1日は、お掃除する気になる。 今週末は、金曜の夜からずっとクーパー君と過ごしたから、流石に月曜日のお昼には、自分の家に戻ることにした。



お掃除、洗濯たまってるしね~。



それにやっぱり、ずっとクーパー君と一緒にいるのも気を使うし。 何にもやらなくていいから、余計に気を使う私。 まあ、この話は、他の時に。



それに今週は、週末まで4日間しかないから、予定でびっしり詰まってる。



今週もフル回転か。 体力持つのか???

今週末は、3連休

月曜日は、こちらのメモリアルディーのホリディーだから、今週末は、3連休。


土曜日の午後は、クーパー君のベストフレンドの家で、プールパーティーがありました。



私から見れば、まだまだ寒いのにプール開きなんて信じられない。 しかし、アメリカ人は、タフだ。お天気が良いと水着姿で、プールサイドで、日焼けを楽しんでいる。



沢山のサンブロックローションを塗りたくって、日光浴だ。



私は、日陰で、そんなアメリカ人を眺めるばかり。 まるで、愛想の悪いアジア人ぶりを発揮か?



私には、日光浴は、サンブロックローションを塗っていても出来ない。



そして、皆んな飲むのが大好き! プールサイドには、物凄い数のクーラーボックス。 ビールをケースで持ち込み。 リカーだって、山の様にある。



クーパー君もかなり飲めるから、クーラーボックス持ってきました。



そして、クーパー君が、プールに入ろうと誘うが、水が冷たくって日本の温泉の様な水温でないと入れない私は、頑なに拒否。



日陰で、

楽しそうにお喋りしている

皆んなを眺めるばかり。



もう一度、クーパー君に


「一緒にプールに飛び込めば、大丈夫だよー」


と言われてもね。 一緒に飛び込んだからって、水温が上がっていくわけないし。



しかし、折角、新しい水着姿買ったし、入ってみるかなと調子の良い私。



水は、冷たい! 物凄く冷たい!



どうにか、肩まで入ったら、何とかマネージ出来るくらいまでになったけど。



その後は、クーパー君とプールの中で、色々とお話し出来て、結局、楽しんでいるんじゃないの。



山の様なアルコールと食べ物を皆さん、楽しんでましたよ。



次は、インディペンデンス (7月4日)に再び、プールパーティで集まる事に。



それにしても、皆んな良く飲むよね~~。 タフだわ。



クーパー君も。




大切な日本人の友達

こちらに住んでると日本人の友達が出来にくい。



過去に日本人の友達がいなくても不自由しなかったから、あえて日本人の友達を作りたいと思った事無かったし、会える機会も無かった。


今まで働いたことの有る所は、アメリカの銀行だったし、今働いてる所もアメリカの会社。 当然、日本人なんて居ない。




友達は、アメリカ人ばかり。 自分の英語に訛りが有るから、外国人の英語が苦手だったのも確か。 だから、友達は、アメリカ人が、楽と思っていたのだ。



そんな私にも2人の日本人の友達がいる。



1人は、あづささん。 彼女に5~6年位前に子供達のベビーシッターをして頂いたのだ。 当時は、お互い1番しんどい時。 彼女は、元旦那さんと別居中だったし、私は、結婚してたけどアンハッピーだった。




今思えば、当時、心に余裕が無かったから、かなりきつく見えたと思う。 それでも、あづささんは、明るくて私に対して、とってもよくしてくれた。



それから、月に1度は、あづささんに呼ばれて夕食をご馳走になっている。 もちろん、彼女の作るご飯は何でも美味しい。 しかも、デザートを作るのがとても上手だ。









そして、会うたびに話が終わらない。 5時間や6時間なんてすぐ経ってしまう。なんでも隠せずに話せる友達。



一生彼女とは、ベストフレンドのままだろう。 でも、今日、日本に戻ろうかなと言っていた。 😱😂😭



もう1人の日本人の友達は、マチコさん。彼女とは、子供たちを通して知り合った。 だから、9年位の知り合いだ。



彼女とは、滅多に会うことがないのだが、私の事を



「姐さん、迫力が、違うわ。」 (ちょっと、なんで、この姐さんな訳? 姉さんでしょ~)


と慕ってくれる。 彼女のお母様からも



「まちこは人見知りが多いから、友達ができないのよー。ずっと友達でいてあげてね。」


と言われている。



お互い性格も全然違うが、なぜか、私は彼女のことが大好きだ。 多分、彼女の偽りのない優しさが好きなのかもしれない。



ずっと姐さんで、いるからね。 笑

Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして30年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で9年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事