Entries

クーパー君のご両親

クーパー君のご両親が、こちらに年に2-3度遊びに来る。 初めて会ったのは、去年の1月。 2人とも会ったその時から、気さくで、話しやすいタイプ。 そういうタイプだと全然問題なく私もフレンドリーになれる。


そんな訳で、今回も6ヶ月ぶりにクーパー君と彼の息子さんに会いに来ているので、私も子供たちを連れて、会いに行った。 今回で、会ったのは3度目。



せっかく会うのだから、何かお土産をあげたい。 いまだに日本人のお土産癖が治らないのよね。 お土産と言っても、大した物では無いけど、街で買い物をしてるときに


「これって、便利そう。 そうだ…XXさんにあげたら、喜ぶかなぁ?」


って程度に気が向いたときに買う物。 相手のことを思って買うようにしてるつもり。 でも、これって、ありがた迷惑かなとも思うけど、ギフト貰って嬉しくない人いないよね。


それで、今回は、これ…。 スープなどをレンジでチンすると入れ物が熱くなって、触れないこともあるでしょう。この100%コットンで出来たBowl Cozyを使って人をするとレンジから取り出す時も安全ってわけ。 使ってみると便利だったので、クーパーくんのご両親にもあげたくなって、2つ買いました。









もう一つは、これ…。 キーがバックの中で、すぐに見つかるようにと作られたキーファインダーです。 お母様のイメージに合わせて、エンジェル。




クーパー君は、

「あれ? ママの誕生日でもないのにどうしてプレゼントあげるわけ?」

とジョークを言ってましたが、

「良いじゃない! 可愛いと思って買ったんだから、あげたい時にプレゼントしていいでしょ?」

と私が言うとお母様は、嬉しそうに

「ありがとう!!!」

って私を抱きしめてくれました。


ちょっとした気遣いが、今後の仲を良くするなら、やるべきだと思う。 私の友達たちも私にちょっとした気の利いたプレゼントを良くくれる。 だから、私も何かの形で、お返しをするようにしている。 それで、お友達同士の絆が深まるならもっとマル。


まだ、クーパーくんのご両親とあって3度目だったけど、不思議となぜか落ち着ける。 とくに彼のお父様に好かれたようで、

「XXXXって所があるのだけれど、見においで。」

と言うので、


「どこですか?」


と聞くと


「あはは~家の近くだよ。 インディアナ州にクーパーと来るときにぜひ一緒に見に行こう。」


と言ってきた。 これって、彼のご両親の家においでと誘ってくれているんだよね。 クーパーくん、ちゃんと聞いていましたか? お父様が、私にインディアナ州に来いと言ってるんだよ。


とお母様が、


「そうよ! 今度は、いつ帰れるの? 夏?」


とクーパー君に聞くと


「今年の夏は、帰れるかわからないんだ。6月に2週間半のヨーロッパバケーションをとっているから。」


と答えていた。 そうだ…彼、子供と2人で、ヨーロッパ旅行するのだ。 私も誘ってくれたけど、「行きます!」と胸を張って言えなかった。 私は、子供たちとニューヨークに行く約束をしているし、ヨーロッパに彼の子供(9歳) 3人で行くのは、勇気がいるよ。 子供って、嫌いではないけどさ。


他人から見ると私って、子供たちには、とっても人気があるように見えるらしい。 でも、正直って苦手なの。



話がずれたが、クーパーくんのご両親に好かれてよかった。
スポンサーサイト

日本のドラマよりスローな私達

クーパー君とは、もう直ぐ、付き合って2年が経とうとしている。 その間に1度の別れが有ったけど、その間もプラトニックのお友達として、月に1度の食事をしたりしていた。



別れた理由? そんな事は、良く分からない。 向こうから勝手に別れようと言い出してきた。 別に問題があったわけでも、喧嘩していたわけでも無い。 いや、喧嘩なんか1度もしたことがなかった。 


『君は、自分にとってパーフェクトな女性なのは、分かっているから、自分が悪いんだよ。 どうしてか分からないけど、君と将来一緒に居たいっていうのが、見えないんだ。』


と別け分からない言い訳を。 パーフェクトな女だったら、どうして、捨てるんだよ! パーフェクトな女と一緒になりたくないのか? ふざけんなよ!


後に彼から、別れた本当の理由を聞いたが、私が、彼に尽くすのが、嫌だったみたい。


尽くす? 


彼の方が、私なんかより、もっと面倒見が良い。 



デートの度に何処かへ連れて行ってくれて、美味しいもの食べて、それを全部、彼が払ってくれて。 おまけに彼が、美味しいお料理を作ってくれて。 尽くしていたのは、彼じゃないか? だから、私が、悪いなって思って、たまに洗濯物を片付けたり、キッチンの洗い物をしたりしただけ。 後、食事の時に御飯をよそって上げたり、飲み物を用意してあげたり。 それって、当たり前でしょ?  


それにここは、アメリカだよ。 洗濯物だって、キッチンの洗い物だって、簡単!!!! そんなのを尽くすとは、言わないでしょ!



お前、今までどんな女と付き合っていたんだよ?



一応、日本で18歳まで育った私。 ちょっと失礼だが、アメリカ女とは、違う。 ボーっとソファに寝そべって、彼をこき使うって事が出来ない。 プリンセス志向の無い私。


心底、尽くすのが、別れの原因とは、思ってもいない。 本当の原因は、もっと深いと思っている。



彼の性格は、多分、関係が上手く行く傾向が見えるとどうも怖くなるようだ。 だから、言い訳が、君ってパーフェクトだけど・・・ となる。 


まあ、2度結婚して、2度目の元奥さんに物凄い慰謝料を払ったせいか、結婚不信になっているのは、確かである。 と言って、私を元奥さんと同じと思って貰いたくないのよね。


当時、別れた間は、全くのプラトニックだったから、もう、元に戻らないとサッサと判断した私は、他の男性とデートをしていた。 (私は、いつまでも待つタイプでない。) それを知った彼の怒りは、今でも忘れ無い。


凄い自分勝手!



勝手に別れの話しを出して、何で私が、他の男性とデートするのを怒られなきゃいけないわけ?


好きなの? 嫌いなの? 又、一緒になりたいの? 何なのよ!


日本のラブストーリーのドラマの方が、もっと展開が早いよ。 それ位、じれったい二人の間。


どうなるんだろうか?





母親である事の難しさ

母親であるって、難しい。 正解の無い子育てだから、気楽に行こうよと言えれば良いのだが、私のように獅子座の女(完璧主義者)には、母親業は、不向きなのかなと思ってしまう。 


普段は、適当な私だけど、子育てとなると完璧を狙ってしまう。 性格の違いだろうけど、私の母親は、自分の事に精一杯だったようで、正直言って、彼女に対して、いつも不満に思っていた。 相談事は、全て、却下。 悩みなんかあると


「そんな子供のくせに悩み事なんか有るわけないでしょ。」


と相手にしてもくれなかった。 だから、それ以来、人生の相談なんかした事も無い。 悲しい事があると


「あなたの事は、難しすぎて、私には、分からないわ。」


と言われるだけ。 ただ聞いて欲しかっただけなのに。 その上、


「Kikoって、良いわね。 自由に生きて、好きなことさせて貰えて。」


と言われる。 全然、私の事を分かっていない。 私も母親の事は、分かっていない。


子供が出来たら、私の母親のにならないようにとずっと思っていた。 だから、母親と正反対の母親になろうとしている私がいる。


そして、現在、私が子供の頃に欲しかった母親像をやっているが、それって、私の性格だから、そんな母親が欲しかっただけで、私の子供たちにとっては、ありがた迷惑なのかもしれない。 とにかく、うちの子供たちは、ノホホっとしている。 只今、14歳、9年生(アメリカの高校1年生。) 毎日、学校から帰ってくると

「帰ったよ!」

とテキストメッセージが来て、今日の事を聞くと必ず返事は、

「Good!」

と返ってくる。 良い一日なら、それで良いじゃあないのと満足すれば良いのだが、私が、14歳のことは、そんな毎日が、「Good!」なんて事無かったから、

「何よ。 毎日、Goodなんて事ないでしょ。 何か違う事言ってよ。」

と催促してしまう。 すると

「Goodだから、Goodだよ。」

と返事が返ってくる。 そんな物なのかな? 二人とも色んな話をしてくれるし、まだまだ、私が大好きでたまらないのも分かる行動をしてくれる。


しかし、そんな平和なはずのKiko家にも、時々、私の雷が落ちるのである。 


それが、昨日の夜だった。 


会社の帰りは、異常な交通渋滞で、何時もの3倍の時間が掛かった。 会社で忙しかった上に交通渋滞だったので、ジムに行く事を諦め家に帰ったせいも有ったのか、イライラが突撃。 


二人ともゴミは、散らかしたまま。 やるはずの宿題も全然、やってなく、ふざけている。 いつもなら、余り気にならないはずなのに昨日は、違った。 


「あんたたち! 何なの? ランチボックスは、その辺に放り出したまま。 ウオーターボトルも洗ってないし、宿題もはじめていないんでしょ。 きちんと約束した事をやっていないって、どういう事なの? 私だって、やりたくない事をきちんとやってるんだから。」


と怒りが、いつも以上に込みあがってきた。 そうなると大変。 怒りが爆発する前に自分のベッドルームに駆け込む事に。 心臓は、バクバク。 


90分ほど経った頃、


「ママ、ゴメン。 今夜、僕が御飯作るよ。」



と子供の一人が言い出した。


こんな事言われると怒りも吹っ飛んでしまう。 御飯なんて作らせるわけにいかないよね~。


もちろん、皆んなで謝った。


母親って難しいよ。


日本のドラマとアメリカのドラマとコメディー

Hulu Plusに日本のドラマが幾つか有るので、今、3本目を観ている。 

1本目は、「昼顔」
2本目は、「ラスト・シンデレラ」 (2013年?) 飯島 直子は、昔と変わらず素敵なままだった。
今回は、「ディア・シスターズ」 


本当に素敵な女優さんばっかり揃っているなって思う!  男性の俳優さんたちは、イマイチ。  なんか、パッとしていない。  なんで、若い人のヘアーが無策らしいの?  変に長くって、凄い違和感。  似合わない。  ハサミでチョキチョキと切りたくなる!


もう12年位ぶりに日本のドラマを観ている(しかも3本だけ)から、一概に言えないけど、日本のドラマって、こちらのドラマと比べたら、地味 本当に有りそうなごく一般の生活の一部がドラマになっている感じ。 だから、身近に感じるのは、確かだけど、なんか、物足りないと言えば、物足りない。  身近にある事がドラマになるなら、観る必要も無いような。 


うちの口煩いティーンの二人が、

『日本のドラマのキスシーンって、変じゃない? すげー、ぎこちなくって、嬉しそうにやってないじゃん。」


だってさ。 鋭い。  しかも、私のせいであるかのように話しかけないでよ! 私もそう昔から思っていたよ。


やっぱり、観るなら、こちらのドラマ。  有り得ない事や想像出来ないような事を凄いスケールでやってくれる。 

お勧め: (日本語のタイトル知りません。)

Empire
ブラックミュージックの世界をドラマにしたもので、ミュージックがとにかく良いよ。 

Scandal
アメリカ人お得意の政府のドラマ。 

Once Upon a Time
初めて観た時、アメリカ人意外には、作れない凄いドラマと思った。 スケールがデカくって、ディズニーのキャラクターを上手く使って、過去と現代を混ぜ合わせた想像を絶するドラマ。

Nashville
カントリーミュージック界のお話。 カントリーミュージックが好きになるよ。

Revenge
お金持ちの有りえない様なストーリー。

House of Cards
アメリカ人お得意の政府ものドラマ。 しかし、上手く出来ている。 ハラハラしながら、観れるよ。


まだまだ有るが、とりあえず、上記のドラマは、上手く出来ているなと思う。


コメディーも沢山、面白いものが有るけど、コメディーは、アメリカの歴史や背景や事情を分かっていないと面白いと思えないけど、一応、許せないくらい笑えるのが、

Curb Your Enthusiasm
あなた一体どういう頭しているのって『嘘でしょ!』って言う感じのコメディー。 どう考えても普通でない。 

The Goldbergs
アメリカの80年代を思い出す笑い。

Black-ish
黒人の家族を中心とした可愛いコメディー。

Modern Family
私のブログのタイトルは、このコメディーから頂いたもの。 まさに私の家族と似ている。

The Big Bang Theory
オタク系の若者が集まっていて、初めて観た時は、良く訳が分からなかったけど、慣れると笑える。


まだまだ、一杯有るけど、テレビの観すぎだって???????  そんな事無いよ。 ちょっとした合間に観れる今は、待ち合わせとか、エクササイズのちょっとした時間に観てます。 


映画のシンデレラ

今日は、お友達のステイシーと一緒に「シンデレラ」を見てきた。

Cinderella


ステイシーも私も子供は、男の子だけだから、誰もシンデレラなんて、一緒に観に行ってくれない。 それで、彼女の方から、一緒に観に行こうよと誘ってくれた。


映画館は、満員。 小さな女の子たちから、おばあちゃんまで沢山いました。 中には、シンデレラのドレスをまとって観に来ている女の子もいました。 女の人って、幾つになってもプリンセスの話が好きなんだね。


映画は、オリジナルストーリーと殆ど変わらない。 ただ、小さい子には、映画が長すぎるかなと言うのが、感想。  大人の私には、ストーリーの流れが分かっているから、余裕で観ていたけど、小さい子達は、何度もトイレに行ったり。 これから、良い場面なのに・・・なんて、思ったりしながら観てたステイシーと私。 


シンデレラのウエストが余りにも細いのに違和感。  


継母には、私の大好きな女優のCate Blanchetteが出演。 
 
シンデレラの継母

大変、継母の役が似合ってました。 同じ年代に見えないよ。 老けていない?  でも好きです。


そして、プリンセスストーリーが好きな人には、お勧めの映画です。 


仲良しケリーと夏休みのニューヨーク旅行計画

去年の夏に大好きな友達のケリーが旦那さんの仕事の関係で、ペンシルバニア州に引越しをしてしまった。 私の住む所から車で10時間。 


確かにテキストや電話など有るから、毎日のように何かしらと連絡を取り合っている。 彼女が、ここに住んでいた時よりも連絡する回数が多くなったかも。 


しかし、車で10時間も離れていると中々、ちょっとやそっとで、遊びに行けないよね。 悲。 今朝なんかも、彼女の住んでいるところは、雪がまだ積もっているとのフォトが、送られて来た。



ちなみに私の住んでる所は、春日和。




やはり10時間の違いは、大きい。


そんな彼女とお互いの子供たちを連れて、ニューヨークへ夏休みに行こうと計画中。


彼女にも2人の子供たちがいて、私の子供たちと同じような歳だから、小さい頃から友達だった。 去年の夏も日本から、子供たち4人で24時間の長い道のりを帰ってきたくらい。 ケリーの旦那様は、日本人です。 


まずは、彼女の家にまで車で行くつもりだが、10時間なんて一人で運転したこと無い私。 まあ、子供たちと一緒だから、おしゃべりしながら、気楽に行こうと思っているけど、遠くない??? ケリーは、この道のりを何度も走っているから、私にも絶対出来ると言ってる。 


現在、ニューヨークの何処に泊まるかを検討中。 コンドミニアムを借りる予定。 ホテルよりスペースが有って、キッチンが有るのが、魅力的。 なんせ、4人の子供たちは、皆、ティーンネイジャーで、3人の男の子たちは、デカイ。 うちの子供たちは、身長が183cmあるし、ケリーの息子さんも175cmくらいは、有る。 そして、私。 ケリーも細いけど、身長が私と同じくらい。 小さいのは、ケリーの娘さんだけ。 


だから、スペースとキッチンが有ることを優先。 


私にとっては、15年ぶりのニューヨーク。 私の子供たちにとっては、初めてのニューヨーク。


子供達と日本食レストラン

今夜は、子供達と日本食レストラン「ムサシ」での夕食。 日本人が経営をしている日本食のレストランだから、味は、確か。


子供の一人は、鉄火丼。 もう半分くらい食べた後にフォト撮り。




子供のもう一人は、トンカツ定食。




そして、私の大好物のカツ丼。




これを見て、鉄火丼を注文した子供が、

「美味そう!!! どうして、これを言ってくれなかったの? 今度は絶対これ頼みたい。 それより作って!」

と言ってきた。


オイオイ、一番高い鉄火丼頼んでおいて、そう言うわけ? それにカツ丼作るの大変なんだよ。


でも、今もこうやって一緒にレストランに行ってくれるから、とっても嬉しいのよね。


やっぱり、カツ丼、美味しいよ。

昼顔 ~ 平日午後3時の恋人たち

日本のドラマは、観ることなんて無いけど、友達が見終わったら気分悪いよと言ってたドラマ


「昼顔ー平日の午後3時の恋人たち」



を観た。 友達が気分悪くなるドラマと言ったら普通は、観ないよね。 でも、天邪鬼に時々なる私が、10年以上ぶりに観てしまった。 日本では、去年放送した様です。


日本のドラマの良いところは、人気あっても10-12話で終わってくれる所。 アメリカのドラマは、迫力と展開が面白いが、人気が有ると終わりが来ない。 しかも、簡単にドラマの内容が、作家チェンジで変わるから、大変。


私の様に本の最終章を知らないと落ち着けない人間には、アメリカの永遠に続くドラマにイライラ。 好きなんだけどね。


この「昼顔」だけど、なんで出演している男性陣って皆んな不気味なの? これじゃあ、不倫どころじゃ無いよ~。 不倫したくならない。 それに比べて、女性陣の素敵なこと。


吉瀬美智子さんの美しさに惚れぼれ。 アラフォー万歳ですね。




しかし、このドラマ、完全不燃焼に終わったよ。 個人的には、不満。 結局、誰もハッピーエンドで終わらなかったから。 それって不倫だから? 日本の現実ってこんなもの?


アメリカじゃあ、未練タラタラにとか、しょうがなく戻るって事無いから、このドラマが、不思議に見えた。


でもエンディングテーマ曲「他人の関係」とエンディングは、オススメ。 1973年に大ヒットした曲とは、知らなかった。 余りにも新鮮でビックリ。

大好きな日本人の友達

アメリカに住んでる日本人は、結構いる。 でも、それなりの理由が有って外国に住んでるせいか、やはり、個性的な日本人が多い。


まずは、私の様なアメリカ大好き、生まれるのもアメリカだったはずって位の変わり者。 実は、8-9歳の頃から、日本じゃあ無いよね~と幼心に思っていた。


そして、何か新しいことを発見したくて、アメリカにやってきた日本人。或いは、新しく人生を生きようやってきた日本人。


後は、チッと違う駐在さん達。アメリカ社会に交わった生活をしようと思っていないから、浮いてる。


そんな中で、5年位前にお友達になったAさん。 小さくって、可愛いく、お料理何でも出来て、大人になって、新しいことを発見したくてやってきた日本人の彼女。 言いたい事言ってくれるから、私の性格には、ピッタリ。


いつも明るくって、こんな私とずっと仲良くしてくれてる。 多分、お互い裏表なく何でも話せる仲だと思う。


しかも、Aさんには、月2回は、夕食をご馳走して頂いている。 私って、ラッキー。 私が、絶対、作らない様な物を作ってくれる。 しかも、日本食ばかり。 私は、食には、困らない人生を送れると誰かから聞かされたが、その通りかもしれない。


Aさんのお料理:






そして、このAさんと何時間でもペラペラと色んな事を話してる。 全く好みも性格も違うし、仕事柄も全然違う2人。 しかし、この歳になると、人間大人になったのか、お互いのハッピーな事を喜んで聞けるし、悲しい事や悩み事も真剣に聞ける。

彼女とは、一生の友達だろうと思う。 いや、彼女から嫌がられるかな?


上辺だけの友達でないから、言いたい事言える友達って大切にしたい。


Aさん、ありがとう!

クーパー君との2度目のデート

2年前の5月1日が、クーパー君とのファーストデート。 お水の入ったグラスをひっくり返すハプニングがあったけど、2度目のデートを翌日の夜にとクーパー君からのお誘いが有った。


偶然、お互いの子供達のいない夜だったので、2度目のデートを翌日にする事に。


どんな所へ行って食事をしたいかと聞かれ、思い付いたのが、サラダ。 もっとイタリアンとか中華とか言えば良いのにね。 なんでサラダなの? その時は、まだまだ、彼の事も彼の懐の深さも知らなかったから、遠慮したのよ。 昨日は、お寿司だったし。


迎えに来てくれると言ってくれたけど、まだ、2度目のデートだし、彼に住んでる所を教えるのもねと思い、レストランで会う事に。


5月だったけど、物凄く寒かったのを覚えてる。


パブ風なレストランで、私が、サラダを頼むと

「それだけしか食べないの? 遠慮しなくてイイよ。」

と言いながらも彼もサラダを注文していた。


今、思えば、ファーストデートのお寿司もこのサラダも彼にとってみれば、かなり少なめで、私に合わせていたんだよ。 それに彼がサラダを食べたのをこれ以来見たことないし。


その夜も話は、弾んだ。 面白い話をドンドンしてくれて、何も面白い話なんて無い私が、つまらなくないのかと思ったくらい。


色んな国へ行った事の話、若くして、仕事の重役ポストを長年やっているせいか、話も堂々としているが、自慢話が、自慢話に聞こえない。


多分、口をぽか~んと開けて話しを聞いていたんだろうな。


私って、辛い話や悲しい話って、するのが、苦手。 多分、幾ら嫌な事が有っても許せるタイプなので、まず、元主人の話しは、しない。 これから付き合いたいと思ってる彼に元主人の話しをするのは、どうかとも思う。 後、デートだから、子供達の話しもペラペラ話すのも考えもの。 そうなると仕事の事? これも味気ないよね。 だったら、ハッピーな出来事を話せと言われても、毎日のちょっとした事がハッピーだから、これも何かしら話すようなネタじゃないのよね。


面白い話って、過去に出会った男性陣の話ししか無いじゃん! でもこれって、絶対、禁句。 仲良しの同僚男性にもシツコイ程、


「男ってのは、他の男の話しなんか、絶対、聞きたくないんだから、向こうが、過去の女経歴を話しても、こちらから余計な事を言うなよ! 特に今回のデート相手を気に入ってるなら、聞かれもしない事をこちらから言うな!」


と念を押されてた。


だから、クーパー君が、前付き合った女の話しもフーンと聞くだけで、こちらからは、あえて何も言わなかったの。


でも、同僚男性の言う通り、どの男性も他の男の話しは、大嫌いのようだ。


とにかく、無事にセカンドデートも終わり。 外で彼から頬元にキスを頂き別れました。


その夜もテキストをくれて、

「楽しかった。 でも頬元にキスだけの情け無いやり方に後悔。 ガッカリしてなかったら、又、デートしてくれる?」

との事。 あらあら?

「キンチョーして、頬元にしかキス出来なかった。」

とも追加。 可愛いところあるのね~。


こんなに面白い話しの無い私にどうして会いたいのか知らないが、又、デートの約束をしてくれた。


春爛漫。 🌷💐🌷💐



Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして30年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で9年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事