FC2ブログ

Latest Entries

日本旅行7日目

いよいよ日本旅行も終わりに。


最後に浅草へ行こうと決めたわけは、子供たちが、日本らしいお土産を買ってないから、何処かへ連れてってと言ってきた。


えええ~ 子供達は、既に凄い荷物。 お菓子とか洋服とか、T男さんにいっぱい買ってもらって、スーツケースに絶対、入らないわって状態じゃない。


するとMBが、


『スポーツバッグを買うから余裕!』


なんて言い出した。 しかも本気で。


これが、親子で一緒に行く(つまり、私が援助する)最後の日本旅行だと言ってあったから、甘い私は、好きなようにやらしてあげようと。 (本当に子供達に甘い私です) 浅草へお土産買いに出掛けたよ。



お天気が良かったせいか、凄い人。



着物を着ている人を沢山見かけたが、皆さん、外国人。 中東からの若い女性も着物を上手く着こなしてた。 金髪の若い女性たちも着物を着てた。 正直言って日本人より皆んな上手に着こなしてた様な気がする。 




メロンパン好きなFBが、ここのメロンパンを食べて、

『まあ美味しい事は、美味しいけど。 普通のメロンパンだなぁ』

だって。 私は、暖くって美味しって思ったけど。





最後の夜は、皆んなですき焼き!





食後ににストロベリーショートケーキ。


この後、成田まで成田エクスプレスで向かい、空港近くで一泊したけど。 


全て順調に行き良かったです。


成田空港で元日を過ごし、子供達は、更に最後のお土産と山の様にお菓子を買ってた。 私は、数冊、本を手に入れ満足。


もうちょっと時間に余裕があったら、京都、奈良と名古屋へも行きたかったけど、今度は、自分たちでお金貯めて行ってねと言っといた。



密かに2人は、大学卒業する時に私にもう一度お願いしようと思ってるらしいが。まあその時になったら、考えてあげてもいいかなぁ。 


スポンサーサイト



日本旅行6日目 その2

鎌倉を後に夜は、新宿で友達と夕食を食べる事に。




香港でミシュラン1つ星のレストランだそうで、最近、新宿で開いたらしくここでも行列でした。


東京って行列する所ばかりなんだけど? 


久しぶりにあったお友達は、益々若くなってた。 自分で数年前にサロンを開き、内からの美を追求する仕事を
始めた頑張り屋さん。 数年後には、又、違う事業を始めたいと言ってた。 女性のために。 女性のための。





高校時代の時からの話から現在の話しまで、ペラペラ。私は、高校時代の事をすっかり忘れていたけど、彼女は、沢山覚えていた。


彼女は、他の人とズバ抜けて、違った人間だった私にかなり刺激を受けたと言ってた。 確かに私は、絶対、アメリカで大学へ行き、キャリアを持つって、あの頃から決めてたし。 好きな事を人一倍吸収するのが、好きだった。


高校での討論会で、私は、子供が生まれてからも働くって、キャリアを持つって、あの頃から発言してたようで。 彼女とそこで意見が分かれたらしい。 彼女は、当時、保守的だったようで、「子供がかわいそうだから、絶対、専業主婦になる!」って言い張ったとか。 私は、私で女として独立出来るキャリアを持つ事に意味があると言い張ったらしい。


そんな討論会は、全く覚えてもいなかった。 だって、30年以上経つからね。 あの頃の考えは、変わっていないが。 


彼女は、


『Kikoちゃんのあの時の意見が、やっと分かったのよ。 だから、自分で女性の為のサロンを開く事にしたの! 今まで専業主婦だったから怖かったけど』


『これが軌道にのったら、次の事業は、子育て、離婚とかで苦労している女性たちを支える何かがしたい!』


と言っていた。 


ずっと小さい頃から母親に大学を出て、キャリアを持つ女になれと言われてきた。 おばさんからも最後に笑えるのは、仕事を持ってきた女だからとずっと言われてきた。 


綺麗事ばかりでなかったし、メチャここまで来るのに色々あった。 何度も大学にいる時、泣いたし。 仕事を持ってからも悔しい思いや、泣きたくなる事もいっぱいあった。 離婚までする事になったのは、キャリアを持ってたこととも比例するような気もする。


ただ言えるのは、今、友達たちから良いなあって言われる事が多い。


だから、新宿であった友達も同じ思いだったよう。 


今回の日本旅行で、父親がはじめて、


『お前の輝いてる姿を見て嬉しくなったよ。 凄くイキイキしている。 子供達も良い子に育てて、良く頑張ったな。』


って言ってくれた。 滅多に褒めない父親から、こんな歳になっても褒められると嬉しいものだ。


それぞれ、皆んな家庭の事情がある。 ただ、私にとっては、ここ数年、目の前が見え、将来が見え、この道で正解だったと胸を張って言える。


今回の友達に会ったことで、色んな意味で良かったな。刺激をお互い貰いあったからね。



日本旅行6日目

そろそろ日本旅行のブログを書くのが飽きてきた私。


でも、後数回だから、頑張るかなぁ。


この日は、鎌倉まで行く事に。 電車での移動にしたので、中野区から4回ほど電車を変えての移動。 でも、ずっと東京に住んでるT男さんにとっては、何度も電車を変えるのも苦でない様で、スラスラと乗り換えが簡単でした。








来た甲斐があったわ。 鎌倉の大仏が見たかったの。


既にアメリカへ帰って1ヶ月以上経つから、遠い昔の話しみたい~。






長谷寺も良かった。


帰りは、私1人で鎌倉から中野へ帰ることに。 高校時代のお友達と夕食を一緒にする事になってたから。 


子供達は、その後、T男さんに連れられて、




上の場所へも行ったようで。 しかも美味しいものを色々と買ってもらったようです。


本当にこのT男さんは、私の子供達に何でも買ってくれて、凄いわ。 自分にも息子が欲しかった~って嘆いていた。 

日本旅行5日目 ~ その2

横浜の後は、そのまま、東京へ移動。


JRのレールパスをフル活用。 昔と違って、スマホでどの路線で、どの様に行くかが簡単に分かるから便利。


昔から中野区に住んでいる親戚なので、元主人と30年くらい前に行ったことあるんだけど。 今では、凄く変わってた。 でも、昔ながらの懐かしい姿を残した中野サンプラザは、人気があるようで凄い人。 隠れファンとかオタク系の人がたむろしてるらしい。 特にアニメファン。


親戚の家まで駅から歩いて15分掛かるけど、お天気が良い時は、歩いていても楽しい。 だから、日本人って細いんだろうね。 皆んな歩いてるもの。 駅を往復したら2マイル(3.2キロ)でしょ。 それに駅内を歩いて、観光地を歩いてなんてやってるとあっという間に1万歩以上を超えてる。


親戚のT男さんは、駅まで迎えに来てくれ息子たちと会えて大喜びでしたよ。


T男さんも奥さんのM子さんも9月にMBと私に会ってるけど、FBとは、初対面。 いつ会っても大歓迎してくださる親戚ですね。


その晩は、お家で手巻き寿司。 T男さんとM子さんの娘さんのT子さんも一緒に5人でワイワイとして、美味しい手巻き寿司を食べました。 こう言うのをやりたかったのよね。 



昔のフォトをM子さんが、持って来て見せてくれた。





1991年か92年だから、30年近く前だよ。 息子たちは、フォトを見てゲラゲラ笑ってた。 


『ママって、今の方が若く見える。 このフォトって俺らと似た様な歳で、凄く老けてない?』


って失礼ね。 若い時は、大人っぽく見える様にしてて、今は、若く見える様にしてるのよ。 


懐かしい写真だなぁ。 あの頃は、大学生だったし、結婚なんて考えた事もなかったし。 T男さんもM子さんも私の元主人が大好きだったからね。 今もです。


30年近く色々あったよねって思った夜でした。

日本旅行5日目

調子が悪くて帰った従妹。


その日の予定を大幅に変えて、先ずは、カップラーメンミュージアムへ行くことに。



全日空の機内で、『まんぷく』を数話観てたので、カップラーメンの創設者の事なんだと知ること私。







ここでも凄い人がいてビックリ。 


受付のお姉さんも英語が出来たし、英語のパンフレットをくれたので、英語対応が出来てるじゃないと思ったら、全然、違ったよ。


外国人がかなり来てるのに。








ミュージアム内の説明とか、歴史とか全部、日本語で書かれてるの。 英語は、一言とかくらいで。 これじゃあ日本語の読めない人間には、楽しめないじゃない。


歴史を知ってこそ楽しいのに。


だから、私の息子たちは、私が、ゆっくりと読んでるうちに消え去ったわ。


カップのデザイン中




具を選んでるところ




2人とも世界で一つしかないカップラーメンを作ったところ。 どちらも素直に私の意見を聞きカレー味を選んだのよ。


はじめは、アメリカに持って行かずに日本で捨てて行くと言ってたが、私が無理矢理スーツケースに詰めて持って帰らした。 


アメリカに戻って食べた息子の1人から


『今まで食べたカップラーメンの中で1番美味しかった!』


だってさ。 誰だよ! 持って帰らないって言ってたのは? 日本で作られたカップラーメンを初めて食べた息子が、ここでカップラーメンを食べない私の気持ちが分かったらしい。 


その後は、横浜中華街へ移動。





タクシーの運転手さんに


『凄い人ですね。 こんなものなんですか?』


って聞いたくらい。 


『そうですね。 今日は、週末でお正月も近いから多めですけど、こんなものですよ。』


ですって。 ギューギューで前が見えないくらい人が居たわ。 でも、肉包子を息子たちに食べさせたくって。 アメリカにも中国人経営の店で、肉包子や餡包子が売ってるよ。 どっちが本当の味かって聞かれたら、知らないが、日本で食べる肉包子は、味が違う。


100倍美味しいの。


アメリカの中国人経営の店が、本物の味だったら残念な味だわ。 でも、ここの中国人がいっぱい食べてるから、これが本物なのか? 私の口には、まず~いです。


やはり、横浜中華街の肉包子は、違ったわ。


そして、タピオカドリンク(Boba)にハマってるFBは、Bobaを見かけるたびに買ってだけど。 何なの? 水しか美味しいと思わない私には、分からない。 笑


その後、東京の親戚の家に移動。

Extra

プロフィール

Kiko

Author:Kiko
アメリカで暮らして32年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で11年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 

最新記事